狼将棋のブログ

先月の記事を書いた時点(4/7)で2100を切っていたR点ですが、4/13に2200点に復帰、その後も上下運動をしつつ4/22に2250点まで戻し、昨日(5/2)ようやく2300点の五段まで戻せました。四段との行ったり来たりはまだしばらく続くでしょうが、さすがに三段まで落ちるのは今回で最後にしたいものです。

昨年末に点数を落としまくった時と同じく対局数はかなり多くなっていましたが、だいたい1日に2~3局くらいが自分にとってはちょうどいい、というのがわかってきたので、熱くなって雑な将棋を5局も6局も指してしまう、というようなことはほぼなくなりました。本当は4月中に五段まで戻すというのを一つの目標にしていたのですが、それにとらわれすぎて焦ることだけは避けよう・・・と心掛けられた点も、以前より少しは成長できたかなと思っています。

改めて振り返ると、負けが込んでいる時の内容は我慢できずに暴発する、駒が遊んでしまう、終盤に手が見えない・・・と、理想とする将棋のまさに正反対。

【第1図は▲8五歩まで】
後手の持駒:歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v金v金v玉 ・|二
|v歩 ・ ・v歩v銀v歩 ・v銀 ・|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩v歩v歩|四
| ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・v角 歩 ・ 歩 歩 歩|六
| 歩 銀 歩 ・ ・ 金 桂 ・ ・|七
| ・ 角 飛 ・ ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 香v龍 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩二
後手番
先手:kame1223
後手:相手

第1図は4月の頭に12連敗!していた最中の将棋。駒割りだけ見ると振り飛車の桂香得なのですが、左辺の形がもう「どこの初心者が指してるんだ」という状態で泣きたくなっていました。この後どうにか8八の角だけは駒台に載りましたが、他の駒が全て残ってしまっては勝てる道理がありません。

【第2図は△6三歩まで】
後手の持駒:桂二 歩二
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 龍 ・ ・ ・v金 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v銀v香 ・ 馬 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v玉v歩 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・v香v歩v銀 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩v銀|五
| ・ 角 歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・|七
|v飛 ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ 歩|八
| ・ 桂 ・ ・ 金 金 玉 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金
先手:kame1223
後手:相手

第2図は五段に戻した将棋。既に勝勢であとはどう決めるかというところですが、唯一の遊び駒を活用する▲7七桂が超絶ぴったりの一着。▲6五桂の一手詰めを見た詰めろで、以下は△5五歩▲3四金△4二金▲6五桂まで勝ち。第1図と第2図の先手が同じ人だと言ってもなかなか信じてもらえないかもしれません。


番外編として、短期間で派手な角のタダ捨てを2回したのも少し印象に残っています。いずれも善悪は別ですが。

【第3図は▲8八角成まで】
後手の持駒:角 金 銀二 歩四
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀v桂 ・ ・ ・ 龍 ・|二
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ 歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・v銀 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| 香 馬 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 玉 桂v金 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 桂 歩三
後手番
先手:相手
後手:kame1223

第3図は3三の角を▲8八角成と引きつけられたところ。実際には△8九金や△7八銀打▲7九馬△6六角といった手でも後手勝ちのようですが、対局中は「金は渡せない」という判断から他の手が見えました。


実戦は第3図から△6六角!
▲7九馬を防ぎつつ、▲6六同馬には△8九金以下の詰みを見ています。場合によっては△2二角と竜を外す手もあり、これでも後手勝ちになっているようです。

【第4図は▲5五角まで】
後手の持駒:角 金
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉 ・v金 ・ ・ ・v歩 ・|二
|v歩v歩 歩v銀 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・v金 ・ 桂 ・v歩 歩 ・ ・|四
| ・ ・v歩 桂 角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・v歩 ・ ・v龍 ・ 歩|七
| 香 ・ 銀 銀 歩 ・ ・ ・ ・|八
| 玉 ・ ・ 歩 ・ ・v飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂二 歩三
後手番
先手:相手
後手:kame1223

第4図は6六の角を5五に出られたところで、後手玉は詰めろではないようですが次に▲7二歩成からかなり怖い格好になります。ここは△6四銀と外すのが最善で▲同角には△8八角から詰みがあるとのことですが、もちろんそこまで読み切るだけの終盤力は持っていません。第3図の将棋からまだ5日後だったこともあり、ここでもとっさに△6六角!とタダ捨てしました。▲6六同角と一手稼いで△6八歩成。最善手△6四銀の明快さには遠く及びませんが、一応この順でもリードは保てていたようです。以上、角捨て二連発でした。

亀井さんと同じく24の数値が上下する日々を過ごしております。
そんな中24の棋譜一覧について最近気付いた事があるので簡単に記しておきます。

1
↑これ

・任意ユーザーの全棋譜一覧ページ
https://www.shogidojo.net/kifu/?duid=[ユーザーのid]&all=on

ログイン状態で上記URLに飛べばOK。
ユーザーidとは名簿で検索した際に一番右に出る数値。
2
これからはユーザー名だけでなくidも控えるようにしましょう。

・棋譜一括ダウンロード
3
↑ボタンはあれどまともに機能しない

4
https://www.shogidojo.net/kifu/js/kifudownloader.js
当該部分のソース。(・ε・)ムー

とりあえずの応急処置としてブックマークレットからgetZipFile()を叩くようにした。

これで棋譜一括DLできた。めでたい。

そもそもこれがやっていることは棋譜一覧ページの棋譜リンクをzipに固めてポンしてるだけで、そうであれば自前でリンク全部DLすればよい話。で、その手順は既に記されてました。

一括ダウンロード手順(Firefox専用)
https://www.shogidojo.net/kifu/alldownload_ff.html

わざわざページ右にリンク置いてあったのに全く見てなかったよね…

----------

これで任意ユーザーの棋譜(ただし東京道場に限る)を一括DL出来るようになったと喜んでいたのも束の間、いつも参考にしていた高段プレイヤーがBANされてしまいました。使い道あらへんがな…

(2018/4/16追記)
なんか知らん間にちゃんと動くようになって、棋譜検索もつきましたね。

5

4月になって季節は春、そして新年度に入りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。こちらのほうは気温が20度まで上がったかと思えば次の日には雪が降ったりと、季節感がよくわからない状況です。

個人的には4月に入って生活パターンが変わりました。ここ何年かは夕方~夜にかけて家にいないことが多いという感じだったので、夜7時に家でテレビを見ながらごはんを食べれるということのありがたみを噛みしめている今日この頃です。

で、夜に時間があるので24で指していたわけですが、驚異的なペースで点数を落としております。何か月か前にも短期間で150点くらい落としていましたが、今回は1週間足らずで200点ほど落ちました><
四段と五段の行ったり来たりまでは想定内でしたが、まさか三段まで落ちる日が来るとは夢にも思わず・・・。ただいま、三段。そしてさようなら、五段。

内容的には、負けた将棋の半分くらいはそもそも将棋になっていない感じで、あとの半分は優勢な将棋を勝ち切れなかったり、劣勢から追い上げたけど最後に競り合い負けしていたり。

【第1図は△3七銀まで】
後手:相手
後手の持駒:飛 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ 角 ・ ・ ・v玉 ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 歩v香|二
| ・ ・v桂 ・v金v歩 ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩 ・ ・ ・ 桂 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀v銀 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・v金 歩|六
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 ・vと ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:kame1223
先手の持駒:飛 角 金 銀 桂二 歩八 
手数=122  △3七銀  まで

第1図、△3七銀の王手に逃げ切れれば勝ちという状況です。正解は▲5七玉ではっきり足りないのですが、実戦は▲5八玉。△8八飛や△7八飛、△5七歩はいずれも大丈夫と考えていて、△3八飛とこちらから打たれるのをうっかりしていました。ダメな時ってのはこんなものです。


現時点ではトンネル脱出の糸口が掴めそうでまだ掴めていない状態でしょうか。ただ、数か月前にも同じような経験をしたおかげで、焦りはそれほどないのがせめてもの救い。前回もなんだかんだで五段まで戻せたから、今回もそのうち戻せるっしょ、と。とりあえず当面の目標は2200点(四段の中間地点)まで戻す、ということになりそうです・・・。

このページのトップヘ