狼将棋のブログ

「研究しておきたい形」の中の一つがエルモ囲いでした。エルモ囲いそのものが嫌というよりは、仕掛けの部分への対応も含めて悩ましい、というところです。

【第1図は△7五歩まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v金 ・v金v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v玉v角 ・|二
| ・ ・v桂v歩 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩v飛 ・v銀v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 角 銀 金 ・ ・ 歩 ・|七
| 香 ・ 飛 ・ ・ ・ 銀 玉 ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=37  ▲4五歩  まで

後手番

エルモ囲いからシンプルな斜め棒銀で仕掛ける手段もあるようですが、24だと第1図のような△7三桂△8四飛型からの仕掛けが比較的多い印象です。振り飛車側の▲5七金型は将来△7六歩▲同銀~▲5九角のような展開の時に6六の地点を守っている意味があります。そして▲4五歩とここの位を取っておくのが個人的なエルモ対策の急所。

舟囲いとエルモ囲いを比較した時、エルモ囲いの最大の売りはやはり「横からの攻めに強い」ことでしょう。そのかわり、舟囲いよりも薄くなりやすいのが玉のコビンでもある4筋。なので極力▲4五歩の一手は入れておいて、終盤は▲4四歩で勝負。うまくいけば2枚の一段金を無力化できる。そんなビジョンです。

考え方としてまるで的外れということはないはず・・・という自信はあるのですが、実際に左辺が互角の捌き合いになって狙い通りに▲4四歩が実現しても、厳しいんだか厳しくないんだか微妙な感じだったりします。極端な話、▲4三歩の叩きを手抜かれても▲4二歩成△同金右の形がまだまだ堅いわけで、妙に耐久力があるんですね。

そんなこんなで手を焼きつつも研究はサボっていたところ、ちょうど今月号の「将棋世界」にエルモ囲いの特集が組まれていて、付録にも三間対エルモ囲いの攻防がとりあげられていました。やったね。

【第2図は△7二飛まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・v金v桂v香|一
| ・ ・v飛 ・ ・v銀v玉v角 ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・v銀v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 歩 歩 歩 ・|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 角 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=30  △7二飛  まで


付録から。この場合の正解手順は▲7五歩△同銀▲7六歩なんだそうです。以下△6四銀に▲2六歩から悠々と銀冠への組み替えを目指すのがなるほどという手順。左辺では多少屈服しても、第二次駒組みに入ることでエルモ囲いのもう一つの弱点「進展性のなさ」が露呈する、という仕掛けです。

【第3図は△7四飛まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v玉v角 ・|二
| ・ ・v桂v歩 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v飛v銀v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ 歩 歩 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 金 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 角 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=34  △7四飛  まで


同じ付録から、第3図はエルモ囲いではありませんが、△7三桂△8四飛型の斜め棒銀の変化。ここでも▲7五歩△同銀▲7六歩△6四銀▲2七銀・・・と銀冠を目指す手順が書かれています。この場合は居飛車側も穴熊を目指す含みがありますが、その場合は4筋の歩を突いていないのを活かして▲4六金から玉頭方面で動いていくようです。

縦の将棋を目指す、という自分の発想は間違っていなかったわけですが、具体的な手段としてこういう指し方もあるのか、という驚きがありました。ただ、第2図や第3図からの▲7五歩△同銀▲7六歩という手順への抵抗感が半端ないのがネックでもあります・・・。「棒銀は五段目に出させてはいけない」、そして「自分の飛車先に歩を打つのは重すぎる」、この2つの考え方が体に染みついているせいです。

将棋世界(本体)に載っているプロの実戦例を見ると普通にこういう手順を踏んでいるようなので、自分の考え方が古すぎるのかもしれません。「銀冠大好きっ子」としては銀冠に組める魅力も相当なものなので、試してみたい気持ちもあります。

先月の記事を書いた後も24でちょいちょい指してはいましたが、7月に入ってからの対局数は3。ちなみに5月と6月はどちらも70局近く指していたようです。「序盤で少し研究しておきたい形がいくつか出てきている」なんてことも書いていましたが、まだ何も研究していません(しろよ)。

そんなわけで今月はほぼ「観る将」に近い状態です。指したいのを無理に我慢しているわけではなく、やる気をなくしたわけでもなく、程よく忙しいのもあって何となく指さないまま経過している感じでしょうか。5、6月が何かにとりつかれたように指しまくっていたので、バランス的にはこれでいいのかもしれません。

将棋はあくまでも趣味なわけで、気が乗らなかったりしんどかったりする時に無理して指す必要はないんじゃないかと思います。しんどい時に頑張ることで得られるものもある、という考え方も当然あるでしょうし、その考え方を持って努力されている方は心から尊敬できます。ただ自分にはその考え方が合わないのかなと。

そのうちまた「指したい衝動」が高まったら指し始めると思います・・・の前に研究せねば><

今に始まったことではないのですが、将棋の内容がいい時と悪い時の振れ幅がすごいという自覚があります。内容がいい時は筋良く、丁寧に、いわゆる「振り飛車らしい将棋」が指せる一方、内容が悪い時はたいてい明らかな無理攻めをしていたり、少し苦しいながらも頑張り甲斐はあるという局面でポッキリ折れてしまったり、というところです。

で、これも長年の経験でわかっているしブログの中でも何度となく書いている気がしますが、いい時と悪い時の差はたいてい「気の持ちよう」だったりします。内容がいい時は「将棋を楽しもう」とか、「振り飛車らしい・自分らしい将棋を指そう」と自然に思えていますが、内容が悪い時は得てして「勝ちたい、下がった点数を戻したい」になっているので、必然的に相手の手を何が何でも咎めてやろうという意識が強くなりすぎ、結果として無理攻めや暴発が多くなる、というわかりやすい図式です。

ここまで自分で分かっているんだから改善すればいいものを、何度でも繰り返してしまうのが人間ってやつなんですね(自分だけ?><)。最近は数週間~数日単位で100点下げて100点戻して・・・を何度か繰り返していました。悪い内容で連敗していると途中で「あ、今将棋を楽しめてないな」と気付くのですが、熱くなってしまって止められず、100点くらい落としたところで「自分は何をやってるんだorz」となって終了。その後しばらくすると反動で「やはり将棋は楽しんで指さなければ」「連敗している自分も、ひどい将棋ばかり指している自分も、全て受け入れよう」と悟りを開き、そうすると自然に点数も戻り・・・。文字にしてみるとなかなかシュールなことをしていますね。

将棋との距離感、というのも定期的に悩むポイントで、あまりにも熱中して指しまくっていると、少し距離をとったほうがいいのかなあと思い始めるわけです。何の偶然か、ちょうど一年前の同時期にも同じようなことを考えて一か月ほど24を休んでいたんですね。ほんと学習しろよという話ですが><
これも偶然ですが、一年前と同じく序盤で少し研究しておきたい形がいくつか出てきているので、そのための時間をとるのもいいのかなと思っています。今回のお休み期間は一か月まではいかないと思いますが。

こうして同じ過ちを何度も繰り返しつつも、ダメになる時のパターンやら立ち直り方やら、少しは学習して分かってきている部分もあります。常に楽しむ気持ちで将棋と向き合うことが、常に安定した将棋を指せることにも繋がると思うのですが・・・そこまで到達できるのはいつになることやら。

このページのトップヘ