狼将棋のブログ

知り合いの将棋が面白かったので久々に書きます。

過程図
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v銀 ・ ・v金 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩 ・v桂v歩v角|三
| ・ ・v飛 ・ ・ 歩 ・v銀v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ 金 ・ ・|六
| 歩 歩 角 金 銀 ・ ・ 歩 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 銀 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=0  ▲4四歩  まで

都合上先後逆でお送りします。
どうしてこんなゲデモノが生じたのかは割愛。元は相振りですが色々あったんです。
ここから△4三歩▲3四歩△4四飛▲同角△同歩▲3三歩成△同銀と進んで問題のシーン。

問題図
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v銀 ・ ・v金 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩 ・v銀v歩v角|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ 金 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 ・ ・ 歩 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 銀 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 桂 歩二 
手数=7  △3三同銀  まで

とりあえず△4七角を消して完封したい。ということで実戦は▲3七金。
僕もそう指すでしょうし、全国クラスの強豪複数名に聞いてもそういう答えでした。
ところがそれには△6六歩!がある。
変な歩が飛んできた図
後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v銀 ・ ・v金 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩 ・v銀v歩v角|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩v歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 ・ 金 歩 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 銀 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 桂 歩二 
手数=9  △6六歩  まで

そんな歩があると言われてもまだピンとこない。
▲同銀△4九角▲4八飛△7九角成!
変な角まで飛んできた図
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v銀 ・ ・v金 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩 ・v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 ・ ・ 金 歩 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ 飛 ・ 銀 ・|八
| 香 桂v馬 ・ ・v角 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 桂 歩三 
手数=13  △7九角成  まで

さっきまで完封目前だったのがこの有様。
形勢自体は難しいかもしれないが、実戦でここから立て直すのは至難である。
以下後手が押し切って勝ち。
戻って△4九角に▲5九飛と打つのが最強の頑張りだが、それにも△7九角成!がある。
またしても変な角図
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v銀 ・ ・v金 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩 ・v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 ・ ・ 金 歩 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 銀 ・|八
| 香 桂v馬 ・ 飛v角 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩三 
手数=13  △7九角成  まで

▲同飛△3八角成▲同金△5八飛で金銀が取れる。
(尤も後手も桂合しておけば簡単に攻められるわけではなく、まだ残しているか)

こうして見ると△6六歩はなかなかの妙手だと分かる。
では何がまずかったか。実は▲3七金では▲4八飛!が正しい手の消し方。
正解の変な飛車図
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v銀 ・ ・v金 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩 ・v銀v歩v角|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ 金 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 ・ ・ 歩 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ 飛 ・ 銀 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 桂 歩二 
手数=8  ▲4八飛  まで

えーそっちー、という感じではあるが、これで先手からの継続手段が難しい。
また▲4九飛打という手もあったようだが、持ち駒の飛車を使わずに済むなら話が早い。
実戦でも色々あるものだなあと思いましたとさ。

【第1図は▲3四同飛まで】
後手:kame1223
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v銀 ・v金v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ 飛v歩 ・|四
| ・ ・ ・v角 歩v歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:相手
先手の持駒:角 銀 歩二 
手数=41  ▲3四同飛  まで

後手番

24で今日指した将棋から。玉形の差でやや良さそうな局面で、こちら(後手)の手番なので△3二飛や△4六歩などが有力そうです。

第一感は△3二飛でしたが、対局中は良く言えばさらなる得を求める、悪く言えばかっこつけてるようなことを考え始めます。すなわち「▲3一飛成と成らせてから△3二飛とぶつければいいんじゃね」。実戦は第1図から△3六歩▲同飛△4六歩▲同歩△4七銀▲3一飛成△5八銀不成▲同金△3二飛(第2図)

【第2図は△3二飛まで】
後手:kame1223
後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉v金 ・ ・ 龍v桂v香|一
| ・ ・v銀 ・v金 ・v飛 ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・v角 歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:相手
先手の持駒:角 銀二 歩四 
手数=50  △3二飛  まで

手順に先手玉を薄くしてから、最後に狙いの△3二飛。第1図で単に△3二飛とぶつけるよりも大きな得で、この後は相手の疑問手もあって快勝でした。

久々に気持ち良く捌けたなー、でも左桂は最近あまり跳ねてない気がするなー、などと考えながら技巧先生に検討してもらったところ、第1図からの△3六歩には▲7七桂と跳ねる手があって後手が大変だったようです(推奨手は単に△4六歩)。角が7四に逃げれば△3二飛とぶつける手がなくなり、4三や3二に逃げれば△4七銀の筋がなくなる、という理屈。「対局中に考えること」シリーズなどで散々書いてきた「急所の駒にアタック」の典型例ですが、全く見えていなかったので反省。

R点としてはようやく、2300点台で安定し始めてる、と言えるくらいにはなってきました。不調の波が来ればまた落ちるかもですが。



プロ棋界に目を向けると、三浦先生騒動があって心配になっていた後なだけに、藤井聡太四段の活躍という明るいニュースは嬉しいですね。個人的には、連勝記録がどこまで伸びるのかよりも「誰が連勝を止めるのか」のほうが気になっていたりします。止まったら止まったで大ニュースになるんでしょうね。勝って騒がれているうちはまだまだで、負けて騒がれるようになってようやく一流だ、というようなニュアンスの誰かの言葉があった気がします。



さて、リレー将棋の季節が近づいてきているので、自分が把握している範囲で現状をメモしておきます(検討盤に一度書いたけどログが流れてしまったのでこちらに><)

●狼、大生を合わせてのメンバー候補は以下の5人。(カッコ内は基準R点)
 リンリンさん(375)、みきさん(1872)、安倍さん(2084)、しまさん(2309)、亀井(2372)

●このうち4人で合計6400点以内に収めるのは不可能。
 今年から「3人で計4800点以内」もOKになり(4将はR点が一番低い人が指す)、こちらは可能。

●3人チームの場合、リンリンさんは必須で、残りの4人から2人を選ぶことになる。
 みきさん、安倍さん、しまさんの3人から2人選ぶ場合は、組み合わせ自由。
 亀井が入る場合は、3人目はみきさんで固定。

●ただし、3人チームは代打(直前代打も含む)を一切出すことができない。


最後の「代打不可」の縛りを筆頭になかなか簡単ではない条件なので、去年のように内輪でリレー将棋を楽しむという選択肢も有力かなと思っています。

GWも残りわずかですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。自分は3日から5連休なので、どこか県外にでも旅行しようかと思ったのですが、色々迷った末に断念。かと言って5日間ずっと家にこもっているのもアレなので、車で片道1時間前後の超プチ旅行に2回行きました。引きこもり体質の自分にはこれくらいがちょうど良いのかもしれません。

さて、たまには負けた将棋の自戦記も書こうということで、指したてほやほやの一局です。



34手目△8八歩をくらって以降、評価値の上ではずっと後手良しだったので、ド完敗と言えばド完敗です。それでも「楽には勝たせない」という点においては、自分なりにベストは尽くせたかなと思っています。63手目▲7五馬からの「2歩で2手をあえて稼がせる」作戦は、善悪は別としてかなりレアな順かもしれません。

最近、検討盤でのチャットの中で手渡しの話題になったことがあり、そういえば昔ブログでも「上手な手渡しをできるようになるのがテーマ」みたいに書いてたっけなあ・・・と思い出したりしていたので、早速実践できた格好です。これで逆転勝ちできていたら「こうやって手渡しするんですよ(ドヤァ)」って言えていたのですが、結局負けたので説得力ゼロなのが悲しいところ。それでも常にこれくらいは粘り強く指せるようになりたいものです。

このページのトップヘ