狼将棋のブログ

「将棋の上達法」はあらゆる場所で語りつくされているテーマでしょうが、結局のところ個人に合った方法が一番というものです。ただ、アマチュアの場合はそれぞれの環境や情熱が違いますから、上達法を倣ったりお勧めするときには、その上達法に掛ける手間や時間こそが重要だと思うのですが、そういった観点もふまえての上達法は、意外と少ないような気がします。

安倍自身も将棋に対してそれほど時間を割けているわけではありません。そんな安倍が安倍なりに意識していることを不定期に書き綴っていくことで、日常の中で負担を掛けずに棋力向上するための助けになれば幸いです。

ということで次回から本格的にスタートする予定ですが、もし何かリクエストや質問、テーマ設定などあれば、フリーで募集しますのでコメントください。(「終盤の上達法は?」「矢倉を指しこなすコツは?」「得意戦法はどうやって作るの?」などなど何でもOKです。)特になければ安倍が思いつくままに紹介していきます。

24でついさっき指した将棋の自戦記です。対局後は、何ヶ月か前にPCへ召喚したGPS先生にも棋譜を見ていただきました。

相手はだいたい同じくらいの点数の方。 自分の先手番で、▲7六歩△3四歩▲6六歩△5四歩▲7八飛△5二飛の出だしになり、後手はそこから左穴熊の作戦を採用しました。

1
個人的には、この中飛車左穴熊の作戦にはそこまで苦手意識はありません。図のように▲6六銀型に組んで5五の位を負担にする、という分かりやすい方針があるので、通常の四間飛車vs居飛車穴熊よりも気分的には楽です。
図は△3五歩▲同歩△同銀に▲3六歩と打ったところで、全く何気ない局面のようですが、なんとここでGPS先生が激怒しました。

GPS先生「馬鹿者!△2六銀▲同銀△2四飛で痺れておるじゃろうが!」
亀「・・・先生、そんな筋知りませんよ」


△2六銀!▲同銀△2四飛から、何が なんでも銀を取って△8七銀で潰れ、のようです。相手も気付かず△4四銀と引いてくれたので助かりましたが、いやはや序盤からこんな落とし穴があったとは・・・。

△4四銀以下はじわじわと押さえ込みを目指し、目標にしていた5五の歩もタダで取ることができて好調な流れです。

2
第2図は端に手を付け、▲3四歩の突き出しに△同飛と取ったところ。こんなの誰がどう見ても▲7六飛と気分良く取る一手ですが、珍しく作戦勝ちになった動揺(?)からか▲2五桂と攻め急いでしまいます。以下△2四銀▲1三桂成△同銀引▲3六香△7四飛▲3二香成△同金・・・と、一見好き放題に攻めているような順ですが歩越しの▲5六飛の形がひどく、香を渡すと△5四香の痛打も生じます。

3
実戦も痛打を喰らいました。ここで▲5五銀から辛抱強く指せばいいものを、完全に気が動転しているので▲4二金△同金▲5四飛△同飛▲6三角と斬り合います。もちろんGPS先生も後手大優勢の評価。

4
第4図は終盤、△4五歩の叩きに一本▲1五香と走ったところ。普通に△1四歩でも困っていますが、強く△4六歩と攻め合いに来られました。この手でGPS先生は機嫌を損ねたようですが、まだ後手良しの評価です。

△4六歩の瞬間はまだ一手の猶予がありそうな形なので、もちろんこの瞬間に猛ラッシュをかけます。▲1三香成△同桂▲1二歩△2一玉▲3六香△3三歩▲6一飛△3一香▲1一歩成(第5図)

5
ここで△同玉▲3三香成△同金▲同角成△2一金と進めれば後手勝勢、というのがGPS先生の判断。なるほど詰めろが続かなそうな形です。実戦は△3二玉▲5三銀と進み、いよいよ怪しい雰囲気が出てきたか、というところ。

6
クライマックスは第6図。GPS先生曰く、ここで△5三同金▲同角成として、△1六桂▲同銀△1九角の筋で詰みがあったようです。対局中はそもそも自玉を一切見ていません・・・。実戦は△4一銀と埋めたので、▲4三金以下ヒーヒー言いながらもなんとか寄せきりました。

この勝ちで最高Rを更新。少しずつ24を再開してみて、勝ち運には恵まれている感じですが内容は結構ひどいのが何とも・・・。この将棋も反省点満載でした。できれば来年の春くらいには一瞬でも2300点に到達して、来年中には2300以上で安定できるくらいの実力を付けれたらいいなあと思います。


先手:kame1223
後手:某四段

▲7六歩    △3四歩    ▲6六歩    △5四歩    ▲7八飛    △5二飛
▲6八銀    △5五歩    ▲5八金左  △5四飛    ▲8六歩    △4二玉
▲7五歩    △3二玉    ▲6七銀    △3三角    ▲4八玉    △2二玉
▲3八銀    △1二香    ▲3九玉    △1一玉    ▲4六歩    △6二銀
▲4七金    △5三銀    ▲2八玉    △2二銀    ▲3六歩    △3一金
▲7六飛    △5一金    ▲6五歩    △4一金右  ▲6六銀    △3二金右
▲1六歩    △1四歩    ▲2六歩    △4四銀    ▲2七銀    △3五歩
▲同 歩    △同 銀    ▲3六歩    △4四銀    ▲3八金    △9四歩
▲3七桂    △4二角    ▲4五歩    △3三銀引  ▲5五銀    △8四飛
▲7七角    △7四歩    ▲6四歩    △同 歩    ▲7四歩    △7五歩
▲5六飛    △7四飛    ▲4六銀    △5三歩    ▲3五歩    △7六歩
▲8八角    △6五歩    ▲1五歩    △同 歩    ▲1三歩    △同 香
▲3四歩    △同 飛    ▲2五桂    △2四銀    ▲1三桂成  △同銀引
▲3六香    △7四飛    ▲3二香成  △同 金    ▲4四歩    △同 歩
▲4三歩    △同 金    ▲3二金    △5四香    ▲4二金    △同 金
▲5四飛    △同 飛    ▲6三角    △7八飛    ▲5四角成  △同 歩
▲4四角    △4五歩    ▲1五香    △4六歩    ▲1三香成  △同 桂
▲1二歩    △2一玉    ▲3六香    △3三歩    ▲6一飛    △3一香
▲1一歩成  △3二玉    ▲5三銀    △4三金打  ▲6二飛成  △4一銀
▲4二銀成  △同 銀    ▲5三金    △4一銀    ▲4三金    △同 玉
▲6三龍    △5三桂    ▲同角成    △同 銀    ▲3五桂    △4四玉
▲4五歩    △同 玉    ▲4六金    △3四玉    ▲5三龍    △1六歩
▲5四龍    △4四歩    ▲4三桂成  △2四玉    ▲4四龍
まで137手で先手の勝ち
 

このページのトップヘ