狼将棋のブログ

【第1図は△6五歩まで】
後手:相手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v角v飛v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀 ・v金v桂 ・ ・|三
| ・ ・v歩 ・v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 飛 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 歩|六
| 香 ・ 桂 銀 歩 金 ・ 銀 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 金 玉 ・|八
| ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:亀
先手の持駒:歩二 
手数=64  △6五歩  まで


24で指した将棋から。第1図、3一角の利きで飛車取りになっています。▲8七飛と逃げるのは△6六歩▲同銀△6五歩でまずそうです。直前まで「やや作戦負け」くらいに思っていたのが予想以上に苦しいような気がして、開き直って勝負に行きました。

第1図以下▲6五同桂△同桂▲同歩△同銀▲6六銀(第2図)

【第2図は▲6六銀まで】
後手:相手
後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v角v飛v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v銀 ・v金v桂 ・ ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 飛 ・ 銀 ・ 歩 歩 歩 歩|六
| 香 ・ ・ ・ 歩 金 ・ 銀 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 金 玉 ・|八
| ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:亀
先手の持駒:桂 歩三 
手数=69  ▲6六銀  まで

後手番

▲6五同桂で手順に飛車へヒモを付けます。対して△8六角▲同角は、こちらから▲3二角の筋はあって後手も怖いところとは言え、6七銀の遊び駒&浮き駒もあるから正確に対応されると自信なし、という感触でした。

本譜は気合が通って▲6五同桂△同桂▲同歩△同銀の進行。こうなるともうイケイケで、▲6六銀とぶつけていきます。部分的には△8六角▲同角△6六銀で銀損になりますが、やはり▲3二角の筋があるので成立しています。▲6六銀以下は△5四銀▲5六歩と、とにかく勢い任せで攻めていったのが功を奏した格好になりました。

後からソフトにかけてみたら、▲6五同桂、▲6六銀、▲5六歩はいずれも最善だったようです。最善と言われてみれば「そりゃそうか」という感じもするのですが、対局中はずっと「自信がないから勝負手気味に」というつもりだったので、ちょっと不思議な気分でもありました。早指しという条件も相まって、自信がなくても気合を通しに行く姿勢は大事なんだなあと。


もうちょっと追い風が吹けば、瞬間的に六段も狙えるかも・・・?という状況ですが、欲を出して痛い目に逢った経験も数知れずなので、なるべく淡々と指したいものです。

ここ何年か、4月~5月頃にR点を色んな人へ大盤振る舞いするのが恒例になっていたのですが、今年は割と調子を維持できています。

【第1図は△3四同銀まで】
後手:亀
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v角 ・ ・v桂 ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v飛 ・v香|二
| ・v歩v歩v歩v金 ・ ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・v歩v歩v銀 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 銀 飛 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:相手
先手の持駒:歩 
手数=36  △3四同銀  まで


第1図(図面を載せるのも久々でしたね)。5三金の存在で▲4四角や▲3三歩といった攻め筋はカバーできているので、攻めるなら▲5五歩くらいかなと思っていたのですが、本譜は▲4五桂!△同歩▲同銀△3五歩▲4六飛△4三銀▲1一角成△3三桂▲2一馬△4五桂▲同飛(第2図)。

【第2図は▲4五同飛まで】
後手:亀
後手の持駒:銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v角 ・ ・ 馬 ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v飛 ・v香|二
| ・v歩v歩v歩v金v銀 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 飛v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:相手
先手の持駒:桂 歩二 
手数=47  ▲4五同飛  まで

後手番

こちらは桂得の上、△4三銀、△3三桂などのいかにも「感触が良い」手が続くのでかなり楽観していたのですが、第2図まで進んでみると意外に大変なことに気付きました。▲4三飛成△同金▲3二馬の筋を受ける必要があり、一歩あれば△4四歩で済む話なのに歩切れが痛いんですね。

実戦は第2図から△4四銀打▲4六飛△3四桂▲4四飛△同金▲5三桂・・・と進行。評価値上はまだ互角の範疇なようですが、実戦的には振り飛車がかなり勝ちづらい展開だと思います(最後の最後にどうにか誤魔化しました)。▲4五桂という手自体も評価値的には全然「アリ」で、将棋って深いなーと思うのと同時に「こんな手が成立してしまうのか」という釈然としない気持ちもあります。

考えてみると角換わり腰掛け銀でも「桂損だけど相手が歩切れだからいい勝負」みたいな形を見かけますし、こういう価値観にも順応していかなければいけない時代なんでしょうか。

どの職業でも多かれ少なかれ当てはまるのでしょうが、仕事の関係上、常に「勉強して知識をアップデートすること」が強く求められています。色々な分野の研修などにも時々参加しているわけですが、「必要だから」とか「勧められて」という動機だと、モチベーションはどうしても上がってきません。

そんな中で、この分野をもっと勉強したい、究めたい、と自発的に思えるものがようやく見つかりました。将棋で言うと「△4四銀型四間飛車対▲2六角型居飛車穴熊」くらいの狭い領域ですが、ホットな分野ではあるし、勉強のし甲斐もあるかな、と。将来的には関連する資格も取りたいと思っています。そんなわけで色々と本などを買い漁っている今日この頃です。

将棋だと、居飛車側が▲6六角と上がって銀冠穴熊を目指す作戦は本腰を入れて勉強しなきゃいけないかなあと思っていたのですが・・・重い腰を上げる前に、いつのまにかブームが去っていました(たまに遭遇はしますが)。やったぜ。

このページのトップヘ