狼将棋のブログ

年明けから始まった24名人戦、4週間の本選リーグが閉幕して全日程終了となりました(名人を決める戦いはまだ続いています)。長いようで短いようで、でもやっぱり長い2ヶ月だったと思います。

後半2週の戦績は●●○●○○○○で5勝3敗。前半と合わせると6勝10敗でした。
タイトル絡みの結果は・・・上位10名の「龍王」、下位のうちの最多対局賞「名将」、いずれも手は届かず。このタイトル争いについては少しだけドラマがあったのですが、後で触れたいと思います。


後半戦で最も印象に残っている一局・・・といえば、迷わずにこれを挙げます。最後の4連勝のうち、最初の1勝目になった将棋です。

【第1図は▲5三角まで】
後手:kame1223
後手の持駒:銀 歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・v金 ・ ・ ・ 龍v桂v香|一
| ・v玉v銀 歩 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v桂 ・ 角 ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・v金 ・ ・v飛 ・ ・v歩|四
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 桂 ・ ・ 金 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 金 玉 銀 ・|八
| 香 ・ ・v角 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:相手
先手の持駒:銀 
手数=91  ▲5三角  まで

後手番

相振りの出だしから序盤で手得+好形を築いて作戦勝ちになるも、攻め始めた後に方針を一貫できず弱気な手を指してしまい、逆に苦しい展開になってしまいます。
第1図は終盤、▲5三角と打たれたところ。▲7一竜△同玉▲6一歩成以下の詰めろと飛車取りで部分的には厳しい手ですが、この瞬間は先手玉も危なそうな雰囲気なのでどうなるか、という状況です。

第1図以下△4七角成▲同金△4九銀▲4八玉△3八金▲5九玉△4一歩▲6一歩成△同銀▲7一角成△同玉▲5三角△6二角▲4四角成△6七歩成(第2図)

【第2図は△6七歩成まで】
後手:kame1223
後手の持駒:歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・v玉v銀 ・v歩 龍v桂v香|一
| ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v桂 ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・v金 ・ ・ 馬 ・ ・v歩|四
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 桂vと ・ 金 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 銀 ・|八
| 香 ・ ・ ・ 玉v銀 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:相手
先手の持駒:飛 金 銀 
手数=106  △6七歩成  まで


△4七角成~△4九銀と迫りますが▲4八玉とかわされ、そこで△5八金は▲3九玉で「打ち歩詰め」の形になります。それから自玉の詰めろを受けても▲4四角成で飛車を取られると、打ち歩詰め打開はおろか詰めろをかけることもできません。第1図の少し前にその事に気付いたので、負けになってるかなあと思いながら指していました。

それでも何かないかと必死に考えているうちに、△3八金と反対側から打つ手を思いつきます。▲5七玉なら△6七歩成▲同玉△4七飛成だし、▲5九玉なら自玉に一手の猶予ができれば△6七歩成が詰めろになる。そしてその一手の猶予は△4一歩と打てば得られるかもしれない。一気に心拍数が上がり始めました。
(ちなみにGPSは△4九銀▲4八玉に△5八銀成▲同玉△6七歩成で後手勝勢との判断。この順は見えなかった・・・)

本譜は△4一歩に▲6一歩成の利かしが見えておらず、さらに慌てます。 △6一同金▲4四角成は、次に▲7一銀から王手が続いて怖い形です(実際には、合駒の選択を間違えなければ逃れているようです)。

実戦の△6一同銀を選べば、第2図まではほぼ必然の手順。あとは後手玉が詰むかどうかですが、幸運にも詰みはありませんでした。リアル対局なら間違いなく手が震えまくっているような終盤戦で、観戦されていた茉麻さんにも見ていて面白かったと感想をいただけたのが嬉しい一局でした。


以下は今回の名人戦全体を振り返っての雑感になります。(長いので折り畳みます)

続きを読む

12日から本選が開幕し、前半の2週が終わりました。

結果から書くと、●●●●●●○●の1勝7敗です。どうしてこうなった!

一局ごとに振り返るだけの気力が出ないので、全体を通しての振り返りということでご容赦ください。


本来これは開幕前に宣言しておくべきことで、今書くと後付けの言い訳のようになってしまうのですが、実は今回の本選、最初から諦めた状態で開幕を迎えました。予選の最後のあたりからそれらしき兆候はあったのですが、どうにも将棋の状態が良くない。予選が終わってから本選が始まるまでの間に何局か調整で指してみたものの、まるっきり勝てませんでした。

開幕の2日ほど前、あーこれは本選も厳しいかもなあ、と思ったところで、「いっそ最初から諦めて臨んでみるっていうのも面白そうじゃね?」ということを思いつきます。純粋に取り組み方として面白いかもと思ったのが半分、そうすることで余計な力が抜けて逆にいい結果になるかも・・・という淡い願望が半分でした。その結果は冒頭の通りです><

ただ、ここまでの8局を振り返ってみた時、何から何まで全部ボロボロだったのかというとそうでもありませんでした。一局だけ「駒遊び」しているうちに終わってしまったような将棋もありましたが、それ以外は自分なりにまあまあ指せていたという感触の将棋が多かったのです。それなのにどうしてここまで負けが込んでいるのか、ということになると、これはもう終盤が弱くなっているのが全てだろう、というのが自己分析です。

ここのところ、終盤になると急に読めなくなるという実感が結構あります。読まずに指してしまうのではなく、一生懸命に読もうとしているのに読めていないという状態。たまたま一時的にそういう状態になっているだけなのか、それとも最近詰将棋なんかをちゃんと解いていないツケがまわってきたのか・・・。


むりやりに明るい材料を挙げるとすれば、負けは負けでも比較的長手数まで粘れていることでしょうか。負けた7局のうち100手を切ったのは1局だけで、150手以上が3局ありました。負けるときでも相手に楽はさせない、というのは将棋指しとして目指したい姿でもあります。


負けた将棋の中で内容的には一番納得のいった一局を紹介。


【第1図は▲2九飛まで】
後手:kame1223
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・v玉v金v金 ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v銀v角v歩v歩 ・v銀v歩v香|三
|v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 金 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 銀 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:相手
先手の持駒:歩 
手数=61  ▲2九飛  まで

後手番

対振り右玉を相手にしての序盤戦。ここまでのところで少し誤算があり、第1図は作戦負けになっていると思います。次に▲3四歩△同銀▲3五歩△4三銀▲1一角成のように進んでしまうと完封負けコースなので、なんとかして手を作っていかなければなりません。

第1図から「振り飛車の奥義」△9二玉がちょっとした勝負手。少し前に指された朝日杯の藤井-糸谷戦で、藤井先生が銀冠+端玉の遠さを活かしてかっこよく勝ったのを見ていたので、その影響も多少受けていました。実戦は△9二玉以下▲3四歩△同銀▲3五歩△3七角成▲同玉△4五銀(第2図)の進行。


【第2図は△4五銀まで】
後手:kame1223
後手の持駒:桂 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
|v玉 ・v金v金 ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v銀 ・v歩v歩 ・ ・v歩v香|三
|v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 ・v銀 歩 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 金 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 銀 銀 玉 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:相手
先手の持駒:角 
手数=68  △4五銀  まで


▲3四歩△同銀▲3五歩には△3七角成と切って勝負。△9二玉と寄っておいた効果で、角のラインを気にすることなく暴れることができます。第2図は先手の歩切れが大きいので後手も指せる局面ですが、ここから上手く寄せの網を絞ることができず苦しくなっていきます。


【第3図は▲3八同歩まで】
後手:kame1223
後手の持駒:金 銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・ 馬 ・|一
|v玉 ・v金v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v銀v飛v歩v歩 ・ ・ 圭v香|三
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩|四
|v歩 ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 桂v歩 角 歩 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ 玉 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:相手
先手の持駒:金 歩二 
手数=113  ▲3八同歩  まで

後手番

第3図は終盤。局面は後手敗勢ですが、ここからの△6四歩▲1三成桂△5四歩の3手が少し印象に残っています。代わる手も難しいところではあるのですが、この3手はなんとなく自分らしさを出せたような気分です。この後は順当に負けましたが、△9二玉や△6四歩~△5四歩も含め、自分なりにやるだけのことはやったという感触はあったので、負けた将棋の中では一番いい内容だったと思っています。


今週末からは後半戦。この状況からタイトルを狙いに行くのはさすがに無謀だと思うので、投げやりにはならずに一局一局を丁寧に指すこと、そして勝ち負けには関わらず自分の中で納得のできる棋譜を一局でも多く残すことを目標にしたいと思います。 

お久しぶりです。たまーに大生将棋生存報告という方で記事を書いています。
こちらでは以前矢倉の記事を書こうとしましたが、一瞬で流行が進んでしまいどうにもなりませんでした。
今回はその反省に則り自身の実戦を題材にします。
【図は△4五飛まで】
後手の持駒:金 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v銀v歩v金 ・ 馬 ・ ・ ・|三
| ・ 桂 ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・|四
| 歩 銀 歩 桂 ・v飛 ・ ・ ・|五
| ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 玉 歩|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・v圭 ・ ・|七
| ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀二 香 歩七 
手数=136  △4五飛  まで


相手が下駄を預けてきた局面。結論から言えば敵玉に詰みがあります。
難しい手はあまり無いのですが、20手を超えるためここから読み切るのは容易ではありません。
盤面で動かしながら詰み手順を考えてみてください。

正解は一週間ほど後に。
(2016/2/27追記 正解を続きに書きました)
 続きを読む

このページのトップヘ