遅くなってしまいましたが簡単にリレー将棋を振り返りたいと思います。


●予選1回戦 こうへいの部屋(笑) 戦

 自分が少し慌てた以外は文句なしの快勝だったと思います。左玉を向飛車からの棒銀で狙い撃ちする、という作戦が功を奏した一局でした。

 20140822-1

 第1図の△8二歩は左玉を指し慣れている人の受け方っぽいというか、自分は全く見えていませんでした。自然な△8三歩ではなく一つ低く受けることで、棒銀を受けやすくなっています。シンプルな棒銀でわかりやすく飛車先突破、という展開は望めなくなりましたが、この後2将の石さんが上手く手を作ってくれました。

 20140822-2

 第2図は5三の銀を6二→7一と引きつけて8筋に備えられた局面。窮屈な恰好を強いて不満無しながら、ここからどう良くしていくかというところでしたが、▲7五銀△4二金▲6五歩が好手順でした。8四のままでは遊びかねない銀を中央に活用し直し、△4二金~△2一飛と十分に態勢が整う直前に▲6五歩の仕掛け。この▲6五歩が、5三の銀が7一に移動したことで手薄になった6筋を狙っている点も見逃せません。

 実戦も▲6五歩に△5五歩▲6四歩と進んで先手ペースに。その後は自分のところで最善の寄せ手順を何度か逃してしまいましたが、リンリンさんと石さんが奪ってくれたリードをなんとか守り切って勝ち。・・・あ、安倍さんにおいしいとこ譲っただけなんだから、勘違いしないでよねっ///

●予選2回戦 サトラレA 戦

 石さんが熱中症でダウンというアクシデントがあり、自分の判断で対局開始直前に作戦変更(メリケン向飛車→ノーマル四間)をしたのですが、これが完全に裏目に出てしまいました。ノーマル四間にすれば相手は穴熊などの持久戦調にしてくると考えていたのですが、実際は▲5七銀左急戦からの斜め棒銀。十分に打ち合わせできなかったのが一番響く戦型になってしまいました。

 1将のリンリンさんに60手指していただく形になりましたが、相手の2000点相手に苦しいながらもしっかりと反撃の形を作り、自分にバトンタッチ。燃える展開の中、自分なりにベストは尽くせたと思いますが、後で検討してみると「こう指しておくべきだったか・・・」と思わずにはいられなかった部分もありました。

 20140822-3

 第3図、4七の銀と5八の金のどちらを取るかという選択です。普通は△4七同金▲同金△5七歩成と進めるところですが、次の△4七とが相手玉から離れるので感触が悪い、と判断して、(時間攻めを意識していたのもあり)少考で△5八金▲同歩△5七歩成▲同歩△同飛成▲5八金(第4図)と進めます。ここが一番後悔したところで、感触が悪かろうと何だろうと△4七同金~△5七歩成で勝負する一手でした。

20140822-4

 第4図でも少考で△5二竜と引きましたが、△6八金▲同金△4七竜の変化をもっと掘り下げて考えるべきでした。持駒の金を渡して相手の守備金を玉側に寄らせるのは味が悪いという、ここでも「感覚」が判断基準です。しかし一方で、この局面は「自玉が固いうちにどこまで相手玉に迫れるか」がテーマになっていると思うので、本譜の△5二竜は局面のテーマに沿っていない手と言えそうです。勝負所で2回も判断を誤っているようではまだまだですね><

20140822-5

 その後、4将のきらりさんが上手く手を繋いでいき、第5図のあたりではかなり差が詰まっているのでは、流れ的には逆転まであるぞ、という雰囲気になっていました。ここから△8四歩~△8五歩と伸ばしたのは自分も考えていた順ですが、対する相手の▲9六歩、▲6八金寄の2手が、最終的には相手の勝因になったのかなと思います。差が詰まって焦りそうな状況の中、こんな落ち着いた手を指されては「相手が上手かった」と言うしかないでしょう。

●予選3回戦  サトラレB 戦

 ・・・まさか同一サークルのチームと連続で当たるとはw
2回戦で出さなかった「メリケン」のカードをここで投入。序盤はリンリンさんが120点の指し回しで、事前に「こういう展開もあり得る」と想定していた通りの局面になりました。

20140822-6

 第6図がその想定していた局面。これで互角以上に戦える、と考えて、事前の会議ではこの局面で検討を打ち切っていました。しかし、ここから△7七角成の局面で30手、会議のタイミングになり、この角成をどの駒で取るかが意外と悩ましいことに気付き、驚くことになります。

 もう少し先まで事前に考えていれば・・・というのが第一の反省点。そして第二の反省点は、3分間の作戦会議で意見をまとめきれず、2将の石さんを混乱させたまま送り出すことになってしまった点。会議の議長(まとめ役)を事前に決めておく等の対策を、来年までに考えておく必要があるかもしれません。 

 石さんは途中で9分23秒の大長考(二年前の茉麻さんを超えた!)を挟むなど、この一局に賭ける想いが伝わってくる30手でしたが、相手の指し回しも上手く、徐々に苦しくなっていきます。

20140822-7
 
 第7図は終盤、△5九銀成とされた局面。ここは▲4八金と辛抱するか▲3六金と角を取って勝負するかの二択ですが、3将の安倍さんは強く▲3六金。予想外の強手に控室(検討盤)で悲鳴が上がった少し後、ある順が見えました。そして、安倍さんもその順を指していきます。

第7図から▲3六金△4九成銀▲2三香成△同玉(第8図)

20140822-8
 
 「そうか、▲3五金△同歩▲7八角で王手飛車だ!」 

 安倍さんが▲3六金を指した後、この順が見えたので一気にテンションが上がりました。しかし・・・▲3五金△同歩となった時点で、先手玉は△4八金▲3七玉△3六金までの詰めろ になっています。したがって、▲7八角で王手飛車をかけても飛車を取っている余裕がありません。

 第8図で安倍さんが▲7八角と打ったのも、恐らくは前述の詰み筋に気付いての予定変更だったのではないかと思います。不運な変化手順・・・と表現したくなってしまうところです。安倍さんは最後まで紛れを求めて懸命に指し続けましたが、88手目を指されたところで無念の投了。予選通過を果たすことはできませんでした。

●まだまだ足りない

 去年は対局中に反省したくなるレベルの手を二局続けて指してしまい、舞台裏レポートを書く気力すら出なくなってしまう状態だったわけですが(超言い訳)、今年は自分なりに盤上でベストを尽くすことができたと思います。

 しかしベストを尽くしたからこそ、まだまだ足りない、もっと強くならなければ、と痛感することにもなりました。読みの絶対量が足りないことに加え、これまで自分が頼りにしていた自分自身の「感覚」の部分でも、特に二局目ではまだまだ甘いことが明らかになりました。

 感覚の部分については、とにかく対局と感想戦を繰り返すしかなさそうでしょうか。読みの部分については、詰将棋を解きまくっていた 級位者時代の貯金でここまでやってきたような状態でしたが、ある程度長い詰将棋を脳内で解く、くらいの訓練を始めてもいい時期に来ているのかもしれません。

●「例の戦法」

 狼将棋内ではもはや伝説となっている、リレー将棋の時期にのみ使える「例の戦法」・・・通称「スイーツ倍々戦法」を、今年は自分が試してみることになりました。初戦は「3個入りで100円のコーヒーゼリー」という身の丈に合った金額設定に逃げ込み、2回戦は「200円のバナナクレープ」、3回戦は「400円弱(360円)のフルーツケーキ」。残念ながら今年はここまでとなってしまいました。もう2回くらい勝っていれば、いろんな意味でハラハラドキドキできたんでしょうね。来年もこの戦法を採用するかどうか・・・は、その時の気分と経済状況次第ということで。

●終わりに

 今年は正直、コンディションとしてはかなり微妙な状態でした。将棋を指す時間も十分にとれず、リレーのことだけ考えてリレーに全精力を傾けて・・・ということが難しかったです。そんな中でもリレー将棋という夏祭りを いつものように楽しめたのは、幸せなことだったと思います。出場メンバーのリンリンさん、石さん、安倍さん、きらりさんをはじめ、技術的にも精神的にも支えてくださった応援団兼検討陣の皆さんに感謝、感謝です。

 来年はぜひ2チーム作りたいですね! 


 
リレーとは関係ありませんがちょっと告知を。まとめサイトで棋譜を再現できないという声がありましたので(javaのセキュリティ云々の関係?)、棋譜再現用のアプリケーションを「Kifu for Java」から「Kifu for Flash」に変更する作業を進めています。現在、リーグ戦の棋譜再現ページのみjavaのままで、それ以外の棋譜は全てflashで再現できるようになっています。リーグ戦のページも順次flashに変更していきます。