2週間ほど前に棋譜並べに挑戦すると書いたものの、全く手を付けられていない状態が続いています。何か勉強を始めるのって最初はすごく気力がいるんですよね。
そもそも自分が将棋を指す目的からして、勉強が必要なのかという問題もありまして、そこらへん深く考えだしたら、もういっその事棋譜並べを放棄するのがいいのかなという結論に至ったわけであります。

まあそれはいいとして(よくないが)、 実は今月、自戦記らしい自戦記は1回しか書けてないんですよね(汗)。で、今月のカレンダーを見てみると、何と今日が最終日で、しかも今日残り1時間を切ってるんですね(滝汗)。

謝罪文を投稿するのも面白そうだぞ、とそっちの変化も読んでみましたが、やはりここは普通に自戦記を書いておいた方が良さそうです。謝罪文という面白そうなカードは後に残しておく方がいいですし


27手目△5六角で8三の地点に数の攻めをされて部分的には受からない形です。亀さんの自戦記でも同じような形で指されていたことがあったので、真似して△4四角〜△6六角の筋でごちゃごちゃしていたら、相手がミスしてくれたようで、角銀交換の駒損にはなりましたが飛車先が受かってしまいました。

その後はこちらがやや有利な状態で進んで、74手目の局面では完全に後手勝ちになってそうですが、秒読みの中決めきれず、最後は時間切れ。。

74手目は△8八飛とせず△5九銀と指すべきでした。この手自体が詰めろな上、金が相手の守備から無くなると寄せやすくなりますし、こちらが金を手持ちにすると守りにも使えます。


最後は心理的なところが影響する?

この対局、一度最高レートを更新してから4連敗した後だったので、普段よりも焦りが出ていたのかもしれません。ただでさえレートが近くて実力が伯仲している相手ですから、最後は心理的なところが効いている気がします。

レーティング対局では、連勝や連敗が続くことは全然珍しくないですが、こういうことも関係しているんですかね。結果や出来事に影響されないように心理的に強くありたいものです。


ツイッターでの新しい試み

次のテーマを何にするか全く決まっていない状態ですが、先週から少し新しい試みというか、対局の仕方を試しています。簡単に言うとツイッターでつぶやいて指すという、今までも掲示板などであったようなやり方ですが、持ち時間があるという点で少し工夫しています。

やってみてわかりましたが、じっくりと考えて指すのってもなかなかいいものですね。お互いの本当の意味での実力がぶつかっている、そんな気がしてワクワク感がたまらない。

なお、現在も対局が続いていますが、対局が終わればいずれここに感想戦を書く予定です。