ヘッドスライディングで今月2回目の自戦記です。

はい。夏休みの宿題を、最初は張り切って一気に半分以上終わらすのに、 その後さぼってしまい、結局最終日に大量の宿題をやるハメになるタイプです。

自戦記を月2回でやっていて思ったんですが、月2回というのもあまり意味が無いというか、それなら2週間に1回とした方が期限に意味があると思うんですよね。最後の週に2回書いて滑り込みで終わらせることに、ただ約束だけは守ったよね、という以外に意味を見いだせないわけで。

そういうわけで、来月からは自戦記を月に1回以上書けなければ謝罪文、ってことに変更しようと思います。おいおい、2週間に1回じゃないんかい、って突っ込みはなしで^^;



余裕のある時は手が見えていて、割とすんなり優勢になったりするんですが、たまに急に手が見えなくなることがあるんですよね。どうも時間が短くて読み切れないことが関係しているような気がする。

ツイッター対局で長時間指してみて気がつきましたが、自分って結構じっくり考えるタイプなのかも。

早指しが割と得意だから、時間の短い将棋の方が指せるのだと思っていましたが、こう優勢の将棋をひっくり返される将棋ばかり指していると、そう思いたくもなりますね。

となると、短時間で素早く考える練習が必要になるわけですが、どのような方法がいいのでしょうか。多分、早指しで指しまくる、というのは違う気がする。

今思い付きましたが、詰将棋を出来るだけ短いタイムで解く訓練をする、というのが何か良さそうな気がします。ちょうどandroidタブレットで詰めパラのアプリをやっているので、これを取り入れてみることにしましょう。