空けまして、いや明けましておめでとうございます。
亀に乗せられて旅をしておりましたが、帰って来ました。

前回の記事が6月ですからもう半年以上が経っていたんですね。
何か1ヶ月1回以上書くという宣言が振りに見えますね。。

さて、自分が前回の記事を書いてからで言えば、
7月にリレー将棋がありまして、それから10月くらいから将棋ウォーズにはまっておりました。

ウォーズを指す中で気づくことが多かったんですけど、その中でも特に持ち時間についての気づきが多かったのでそれについて書いてみます。

将棋ウォーズは有名なのでご存知の方も多いでしょうが、10分切れ負け、3分切れ負け、10秒将棋と、時間の短い将棋が特徴の一つになってるんですよね。

自分はどれも満遍なくやってて、10切れが四段、3切れが二段、10秒が三段なんですが、3切れは対局数が足りてないだけでまあ三段までは行くとしても、10切れとそれ以外では明らかに自分の棋力に差を感じるんですよね。かといって24で指すと、15分とかの持ち時間よりは1分+秒読み30秒とかの方が指せたりする。 

以前書いたツイッター将棋でも感じたことですが、直感と読みの比率が人によって違っていて、自分は割と読みに比重が掛かっているタイプ。だから10切れくらいの時間は最低必要だけど、それ以上考えても今度は良い悪いの形勢判断の精度があまり高くないから上手くいかないのかなあと。

まあ何が言いたいかっていうと、自分の得意なフィールドを探して勝負してみるのもいいんじゃないかってことです。何かうまくいかないことがあったら、あえて逃げてみてもいいんじゃないかなと。

やっぱり人って負けてばかりじゃ面白くないですからね。
(そんなこと言いつつ最近は苦手でも3切れが心地よくてそればかり指してますが・・。)

まあ苦手なものにもチャレンジしつつ、それでも駄目なら逃げるかあぐらいが丁度いいのかな。新年早々こんな話で申し訳ないw

今年も楽しんでまいりましょう。
そんなわけで今年もよろしくお願い致します。