4連休ですがどこにも将棋を指しに行けず、24で指せども1秒たりとも頭が働いておりません。そんなこんなでやることもないので、藤井猛全局集を並べつつ最近思っていることを書いていこうと思います。

最近でこそトーチカやelmoが増えましたが、やはり四間飛車にとって一番の難敵は今も昔も居飛車穴熊。では居飛穴の何がそんなに厄介か、どこがそんなに優秀なのかということを改めて考えてみると、もちろん従来から何度も言われている通り「堅さ」「遠さ」「王手がかからない」という点もあるわけですが、それ以上に「玉を固めるという有効な手を指すことで、相手が形を決めるまで態度を保留できる」ということではないかと思い至りました。

1. 居飛車が穴熊にする
2. その間に振り飛車側が作戦を決める
3. 居飛車側は振り飛車側に対応した形を選ぶ
4. 後出しジャンケンに成功、しかも玉形十分の居飛車が有利

こういうことですね。肝になるのは3.で、いくら玉をうまく固めたところで振り飛車側に後出しジャンケンを決められると打開できず作戦負けになります。如何にして居飛車は後出しジャンケンを決めるか、振り飛車はそれを阻止するか、が四間飛車対居飛穴の焦点であるわけです。

ところでそれを考えようと思うと、居飛車陣と振り飛車陣の形の相性を押さえておく必要があります。そこで表を書いてみました。

▲2六角▲3七角▲6八角▲3八飛▲6五歩▲6八銀
△4四銀×△※××
△5四銀×△※×××
△3二銀××△※××

○:居飛車良し
△:形勢不明
×:振り飛車良し
?:趣味の世界
※:筆者独自見解込み

横が振り飛車側の戦型、縦が居飛車側の部分的な形を指します。「△4四銀」の「▲6八角」だとこのような局面のイメージです。

【第1図は▲3七桂まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v桂v金 ・ ・v角v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v歩v銀v歩 ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 歩 桂 ・ ・|七
| 香 銀 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=41  ▲3七桂  まで

後手番

本来ならばここからそれぞれについて1つずつ部分的な手順を元に「よって居飛車良し」「よって振り飛車良し」と示していくべきなのですが、正直そこまで書く気力が湧かなかったので、とりあえず今は結論だけ書いてしまいます。

まとめると

1. △4四銀には▲2六角を狙う
2. △5四銀には▲6五歩で開戦する
3. △3二銀には▲6八角~▲4六歩を狙う
4. ▲5九角からの角転換は△4四銀にのみ有効それ以外には無効
5. ▲7九金の方が▲7八金に優るケースがある

となりますかね。これを踏まえて居飛車側は居飛車良しルートに入るようにする、振り飛車側はそれを阻止する、あるいはより良い条件でルートに入り互角にする、という駒組み合戦をやることになるのですが、その辺りについては僕も全然わかっていないので、理解が進んだいつの日かに。

(参考資料)
阿部健治郎「四間飛車激減の理由」
渡辺明「四間飛車破り 居飛車穴熊編」
佐藤天彦「居飛車穴熊必勝ガイド」
上村亘「居飛車VS振り飛車の重要テーマ」
千葉・佐藤和・横山「新・振り飛車党宣言!2」

その他ネット上ブログ等の記事