ニコ生で電王戦リベンジマッチを見ながら年内最後の更新です。

以前、対局中に考えることをまとめましたが、あれから時間が経って「他にもあった!」と思い出すことが何度かあったので、続編ということで書いてみたいと思います。

●相手の急所の駒にアタック
自分がこれをしっかり意識できるようになったのは本当につい最近ですが、ものすごく重要な考え方だと思います。
相手にとっての急所の駒、すなわち働きが大きい駒(攻防に利いている飛車角なんかが典型的な例)を見極めて、その駒を目標にアタックをかけるのが戦いのコツの一つです。 

1

第1図は、攻防に利いている竜に対して▲2九歩とアタックをかけたところ。竜が縦に動けば先手陣への脅威(△6九銀の厳しさ)が減少し、横に動けば将来▲2四桂~▲2三銀のような攻め筋が生じます。

2 3


第2図は実戦から(便宜上、先後反転させています)、▲5五桂の金取りに△3三金右とかわされたところです。後手玉はまだしばらく安全で、先手玉は△7六歩~△6九銀の二手が入ると詰めろになります。5六の馬が7八の金を睨んでいて、この駒が急所の駒と言えます。
そこで実戦では▲5九香(第3図)と打ちました。△4六馬と取られる代わりに先手玉の安全度が一気に増したので、▲5四馬から攻め合い勝ちを目指せる展開になりました。

急所の駒にアタック、という手は華々しさはなく、地味な手になるケースが多いですが、効果のほうは絶大です。

●攻め駒が4枚なら切れない
きらりさんの記事を見て思い出しましたw
攻め駒が3枚だと攻めは切れやすい、4枚あればまず切れない、というのが原則です。ただ、実戦だと攻め駒の枚数以外にも色んな要素を考慮する必要があるので厄介です。
 
一番分かりやすいのは、4枚は4枚でも桂2枚と香2枚じゃ攻めは繋がらないよね、という話。理想は大駒と金駒が最低でも1枚ずつ、あとは歩も何枚か持っていれば安心です。自分は、歩=攻め駒0.5枚分(歩が何枚あっても0.5枚分)としてカウントすることにしています。
歩切れの状態(または歩を持っていても打てる筋がない状態)は攻めの繋がりやすさを考える上ではマイナス要素です。歩の叩きで相手の形を乱したり、と金を作って駒をはがしたりという手段がとれないのは地味に痛いです。
受ける側の戦力や持ち駒、玉の堅さなどももちろん重要です。相手が金銀を複数枚持っていれば潜在的な守備力はアップ。囲いにも持ち駒にも金駒が全くないような状態なら守備力はほとんどないので、攻め駒3枚や2.5枚くらいで寄せきれることもあります。

4

こんなふうに色んな要素が絡んでくるので、第4図のように攻め駒3枚で片美濃が寄ってしまうケースも出てきます。図では、攻め駒が急所に利いている&後手玉が狭い&後手に持ち駒がないのが大きいですね。
色んなケースはあるけれど、原則は「3枚なら切れる、4枚なら切れない」。攻める立場でも受ける立場でも、これを意識しておくのがオススメです。

●軽い攻めは重く受ける、重い攻めは軽く受ける
昔、とある場所で書いたことのあるネタを再掲。相手の攻めを受ける時の考え方についてです。
そもそも「受けの手」というのは、だいたい4種類に分類できると思います。
 
 ①重く、しっかり受ける手(自陣に駒を埋めるようなイメージ)
 ②軽く受け流す手(駒をかわしたり玉を早逃げするようなイメージ)
 ③相手の攻め駒を責める手
 ④何も受けずに手抜く手

 ③は①の親戚、④は②の親戚、といった感じです。

この4種類の受け方を相手の攻め方に応じて使い分けるわけですが、1つの判断基準は「相手の攻めが軽い場合は①③のような重い受けが有効、攻めが重い場合は②④のような軽い受けが有効」というものです。

5

第5図は最近24で指した将棋から。相手が△7五角と飛び出したところですが、金銀が前に出ていないのでこれは「軽い攻め」です。それでも次に△6六角と出られる手は厄介そうなところ。
というわけで、実戦はここで▲6七歩としっかり受けました。これで後手の攻め足は止まり、先手からは▲7六歩で角を追い払って▲6六歩と桂を取りに行く狙いが残ります。

6

第6図(初めて24で初段に上がった時の将棋がこんな形で印象に残っている)は△7六銀とぶつけてきたところ。歩越しの駒は基本的に「重い形」なので、▲7六同銀△同歩と進めるのは重い形の解消+手順に歩が前進して先手が面白くありません。
④の手抜きで攻め合うという手段も考えられますが、この場合は手抜くと△6七銀成▲同金△7八銀があります。
というわけで実戦は②の手段の▲7八銀と指しました。これで次の▲7七歩が相当に受け辛く、先手が一本取った形です。

軽い攻めは重く受け止めて、重い攻めは軽く受け流す。実戦で受け方に迷った時は思い出すようにしたいものです。
 
 
 
 もうすぐ過ぎ去ってしまう2013年、皆さんはどんな一年だったでしょうか。充実した一年だった方もそうでなかった方も、2014年が良い一年になるようお祈りしております。
そして船江先生頑張れ!