狼将棋のブログ

久住

遅くなりましたが、2015年最初の更新です。
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今年も今まで通り攻めの姿勢で行こうと思いますが、これまでのような派手にガンガン行くようなのではなくて、落ち着いて機会を伺うスナイパーのような、静かなSを目指します。

そして今年最初の目標として、将棋倶楽部24名人戦でタイトルを獲ること、を掲げたいと思います。



・2連敗スタートからの3連勝

その24名人戦ですが、現時点で予選6週間のうち4週が終了しています。戦績は、指し始めの週に2連敗した後、次の週には3連勝するという、何ともジェットコースターな状況です。

ただ、なぜ勝ったのか、なぜ負けたのかを考えても、よくわからない将棋ばかりです。無理矢理、勝因や敗因らしきものは探し出せるかもしれませんが、それを指せなければ高確率で負けていた(勝っていた)のかと言われたらそうではない気もしますし、何だか将棋って最終的には運のゲームなのだなあと感じています。

もっとも、名人戦は過去1年の最高レート順に組み分けされているので、拮抗した実力の人と対戦することになります。そのため、均衡の取れた将棋が最後まで続いてしまい、勝負を決定付けた手がわかりにくくなってしまった、というのが本当のところなのでしょう。

今回はその中で最も運が勝負を決めたと感じた将棋について自戦記を書きたいと思います。



・角換わり?な序中盤

kusumi20150118_1_1
自分の先手番で▲5六歩から始まり、なぜか相居飛車になりました。

しかも、角換わりなのに相矢倉で5筋も歩が突いてあって、お互い角打ちの隙が生じやすい変な形です。何となくですが、相手の人も攻めっ気が強いような気がします。


kusumi20150118_1_2
その後、結局角打ちの隙が出来て、馬を作られてしまいますが、こちらも▲4四歩で後手玉を狭くすることに成功します。

そして、ここから一気に最終盤へ突入します。この時おぼろげながら、そこまでのシナリオは描けていました。ただ、一番肝心なこと、先手が勝ちか後手が勝ちか、ということまでは見えてなかったのですが。。。



・一応シナリオ通りには進んだが・・・

頭の中のシナリオでは、上図(第56手まで)から、▲2四歩△同歩▲同銀に、△3八歩▲4九飛△2五馬▲4三角△同金▲同歩成△同玉▲4五飛で十字飛車が決まるなあ、とか読んでいました。

そして直感的に、△3八歩のところで△2三歩とは打ってこないだろう、△2五馬のところで△2六馬とはせず銀に当ててくるだろう、▲4五飛の後△3四玉でよくわからないがまあ何とかなるだろう、とどれも身勝手な読みが繰り広げられていました。


kusumi20150118_1_3
しかし何とも不思議なことに、こういう直感って結構当たるものなんですね。全てこちらの狙い通りに進んでくれました。相手が人間だからこそそういう行動になるというか、コンピュータ相手であればこうはいかないと思います(上記の身勝手読みのいずれかをかわされる)。

ここまでは一応のところ、この心理戦においてこちらが一枚上手だったと思います。ただ、前述のように、この進行が先手勝ちなのか、後手勝ちなのかは読めていません。先手駒損の攻めだけに、ここで決められなければ先手負けになっていてもおかしくない局面です。結果は運次第、全ては神のみぞ知る、といった局面でした。

さて、ここで次の一手問題です。

kusumi20150118_1_4
先手番で勝ちきるにはどう指しますか?(答えは最後、「続きを読む」の後にあります)




結局、最後は祈るような気持ちで指していたら、いつの間にか勝っていました。後で検討したら、この時点でどうやっても先手勝ち(何か読み抜けがあるかもしれませんが、割と両者の指せる手に限りがあるので多分間違いない)というのがわかりましたが、実戦ではこの局面になっても、まだ完全に勝ちを確信出来ていませんでした。というより、勝ちか負けかなんて、完全に自分のコントロールの外にあったのです。



・将棋は運のゲーム!?

将棋は大部分が実力で決まる、というのは疑いないところですが、それでも運もかなりの要素を占めるのではないでしょうか。

まずは相手との相性の運です。今回、相手が攻め合う棋風だったから良かったものの、慎重に相手の手を消しにくる指し方をされていたら、切らされていたことでしょう。

そして次の一手問題にした局面のように、この局面が先手勝ちか後手勝ちかは、まさに運が決めるものでした。もし3八に後手の歩が居なかったら、もし相手の持ち駒に桂香があったら(もしかしたら銀でも?)、そう考えると結果というものは、自分のコントロールの外にある気がしてなりません。

ひょっとしたら、リスクの大きい指し方をするタイプかどうか、というのも関係があるのかもしれませんね。そこらへんはまた別の機会に考察したいと思います。

ではでは〜ノシ


続きを読む

2014年もそろそろ終わりですね。自分は月1ペースの更新なので、おそらく自身今年最後の更新になるでしょう。今年もアッーという間だったというのが第一感ですが、狼のリレー将棋が終わったのが4ヶ月前だということを考えると、2014年も結構長かったような気がしてくるので不思議なものです。

さて将棋倶楽部24では、名人戦というものの参加受付締め切りが迫っているわけですが、久しぶりに出ようかと思っていたのですが、今非常に迷っております。というのも、このところ勉強をサボっていたせいか、スランプとはいかないまでも、イマイチ調子が出ないのです。しかも心が安定していないのか、序盤戦法や方針などに迷いが生じてミスしたり、時間切れになったり、ということが多くなっています。

こんなことで出場しても余計に調子が悪くなるのではないか、という不安が頭をよぎるわけですが、あれこれ考えていても仕方が無いので、自戦記を書いて自分の心の状態を再確認したいと思います。




自分が唯一対抗形の中で指せる中飛車の将棋です。途中で向かい飛車に転向し、飛車交換から一気に終盤に突入しました。途中立ち止まって色々考えたい局面はありますが、ここでは駒の総交換が終わった53手目(△5九成桂まで)の局面を考えたいと思います。

まず形勢判断ですが、駒割は歩の枚数も含め完全に互角です。そして玉の堅さは後手の方が銀が1枚多いので堅く、駒の働きでも桂馬の働きの差で後手が上でしょう。手番は先手番なのでそれだけが先手が勝っている点ですね。総合的に見るとやや後手優勢といったところでしょうか。

自分はここで▲5一飛と指してしまうのですが、△5八飛と合わされ、これで完全に勝負が決してしまった感じがします。▲5八同飛は何をやってるのかわからないですし、本譜の▲5三歩のような手だと、いずれ△8四角という必殺の手を喰らってしまいます。▲9一飛成というのもいかにも遅くて勝てないでしょう。

では代わりにどうすれば良かったのかというと、正直自分には難しすぎてよくわかりません。▲5四歩とか▲1五歩とかが面白そうな気がしますが。そもそも53手目の局面が後手良しだろうから、どうやっても悪いわけですが、それでも▲5一飛だけはあり得ないですね。こういうありえない手を指しまくっているのだから、スランプの時期とは怖いものです。

これを指した時の気持ちを考えると、多分焦りがあったのでしょう。今調子が悪いからまた変な手を指すだろうという不安、レートがだんだん下がって来ている不安が、落ち着いて考えることを放棄させたのではないか。少し前の調子が良いときなら、53手目の局面でももっと大局的な視点から粘りのある手を指すことが出来たはず。

しかし、こうして文字に起こしてみると、自分自身を俯瞰的に見ることが出来て、幾分気持ちが楽になったような気がします。

そもそも自分はなぜ名人戦に出るのか。

将棋が指したいから、少しでも真剣にさせる場所で将棋が指したいから、・・そのはずでした。そのはずだったのにすっかり忘れていました。

調子がどうとか関係ない、調子がこれ以上悪くなるというのなら、悪くなりやがれ。その気持ちで挑みます。


ヘッドスライディングで今月2回目の自戦記です。

はい。夏休みの宿題を、最初は張り切って一気に半分以上終わらすのに、 その後さぼってしまい、結局最終日に大量の宿題をやるハメになるタイプです。

自戦記を月2回でやっていて思ったんですが、月2回というのもあまり意味が無いというか、それなら2週間に1回とした方が期限に意味があると思うんですよね。最後の週に2回書いて滑り込みで終わらせることに、ただ約束だけは守ったよね、という以外に意味を見いだせないわけで。

そういうわけで、来月からは自戦記を月に1回以上書けなければ謝罪文、ってことに変更しようと思います。おいおい、2週間に1回じゃないんかい、って突っ込みはなしで^^;



余裕のある時は手が見えていて、割とすんなり優勢になったりするんですが、たまに急に手が見えなくなることがあるんですよね。どうも時間が短くて読み切れないことが関係しているような気がする。

ツイッター対局で長時間指してみて気がつきましたが、自分って結構じっくり考えるタイプなのかも。

早指しが割と得意だから、時間の短い将棋の方が指せるのだと思っていましたが、こう優勢の将棋をひっくり返される将棋ばかり指していると、そう思いたくもなりますね。

となると、短時間で素早く考える練習が必要になるわけですが、どのような方法がいいのでしょうか。多分、早指しで指しまくる、というのは違う気がする。

今思い付きましたが、詰将棋を出来るだけ短いタイムで解く訓練をする、というのが何か良さそうな気がします。ちょうどandroidタブレットで詰めパラのアプリをやっているので、これを取り入れてみることにしましょう。
 

ツイッターで長時間の対局をしてから数週間、ちょっと張り切りすぎて将棋熱も冷めたかなと思っていたら、意外や意外、むしろ将棋熱は高まっているようです。

つい先日も1日に10局指してしまい、自分らしいイケイケな将棋が指せてテンションが上がったり、上手くいかなかった時でも、M属性が出て自己嫌悪君に弱い自分をもっと痛めつけてほしいと、テンションが上がったりしていました。


というわけで久々の自戦記です。

これまでは負けた将棋について、どこが敗因だったのかとか、反省点はどこかを中心に考えていたわけですが、たまには勝った場合、その中でも特に、自分らしくうまくいった場合について書きたいと思います。

人はうまくいった場合についてはほとんど考えないものです。うまくいくパターンを繰り返した方が大抵うまくいくにもかかわらず、です。精神衛生的にもその方がいいのにねぇ。





この対局を通して得た教訓は、「適度であれば無茶してもいい。」ということです。

その「適度」というのはどの程度なのかというと、相手の強さによって変わってくるのかもしれませんが、2100点くらいの人であれば、3手先に有効な手が見えているかどうか、というのが目安ではないでしょうか。

例えば、71手目▲7五歩は、△同歩に対しても△同銀に対しても何らかの怪しい手を用意していましたし、73手目▲8六桂では、△6九角成に対して▲7四桂で、とりあえず攻めは継続出来そうだと考えていました。

厳密には攻めは切れているのかもしれませんが、相手も完璧ではありませんから、3手の読みが入った手に対してはそう簡単には対応できません。だから間違えやすく、うまくいく可能性が上がるのだと思います。

ただ、3手先が読めていないのなら、良くなるまで我慢することも必要ですね。


先週、ツイッターで約1週間かけて将棋を指しました。
将棋の内容については、亀井さんが既に書いてくれているのでそちらに譲るとして、自分は、ツイッターで持ち時間5時間の将棋を指してみて、自分なりに考えたこと、感じたことにフォーカスして書きたいと思います。

- 目次 -
  • そもそもなぜ指そうと思ったのか
  • 長い持ち時間の割には意外に読めない
  • 長い時間があったからこそ考えられたこと
  • ツイッターで指すことの優位性
 
 
続きを読む

このページのトップヘ