狼将棋のブログ

亀井

先月の記事を書いた時点(4/7)で2100を切っていたR点ですが、4/13に2200点に復帰、その後も上下運動をしつつ4/22に2250点まで戻し、昨日(5/2)ようやく2300点の五段まで戻せました。四段との行ったり来たりはまだしばらく続くでしょうが、さすがに三段まで落ちるのは今回で最後にしたいものです。

昨年末に点数を落としまくった時と同じく対局数はかなり多くなっていましたが、だいたい1日に2~3局くらいが自分にとってはちょうどいい、というのがわかってきたので、熱くなって雑な将棋を5局も6局も指してしまう、というようなことはほぼなくなりました。本当は4月中に五段まで戻すというのを一つの目標にしていたのですが、それにとらわれすぎて焦ることだけは避けよう・・・と心掛けられた点も、以前より少しは成長できたかなと思っています。

改めて振り返ると、負けが込んでいる時の内容は我慢できずに暴発する、駒が遊んでしまう、終盤に手が見えない・・・と、理想とする将棋のまさに正反対。

【第1図は▲8五歩まで】
後手の持駒:歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v金v金v玉 ・|二
|v歩 ・ ・v歩v銀v歩 ・v銀 ・|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩v歩v歩|四
| ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・v角 歩 ・ 歩 歩 歩|六
| 歩 銀 歩 ・ ・ 金 桂 ・ ・|七
| ・ 角 飛 ・ ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 香v龍 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩二
後手番
先手:kame1223
後手:相手

第1図は4月の頭に12連敗!していた最中の将棋。駒割りだけ見ると振り飛車の桂香得なのですが、左辺の形がもう「どこの初心者が指してるんだ」という状態で泣きたくなっていました。この後どうにか8八の角だけは駒台に載りましたが、他の駒が全て残ってしまっては勝てる道理がありません。

【第2図は△6三歩まで】
後手の持駒:桂二 歩二
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 龍 ・ ・ ・v金 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v銀v香 ・ 馬 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v玉v歩 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・v香v歩v銀 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩v銀|五
| ・ 角 歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・|七
|v飛 ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ 歩|八
| ・ 桂 ・ ・ 金 金 玉 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金
先手:kame1223
後手:相手

第2図は五段に戻した将棋。既に勝勢であとはどう決めるかというところですが、唯一の遊び駒を活用する▲7七桂が超絶ぴったりの一着。▲6五桂の一手詰めを見た詰めろで、以下は△5五歩▲3四金△4二金▲6五桂まで勝ち。第1図と第2図の先手が同じ人だと言ってもなかなか信じてもらえないかもしれません。


番外編として、短期間で派手な角のタダ捨てを2回したのも少し印象に残っています。いずれも善悪は別ですが。

【第3図は▲8八角成まで】
後手の持駒:角 金 銀二 歩四
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀v桂 ・ ・ ・ 龍 ・|二
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ 歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・v銀 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| 香 馬 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 玉 桂v金 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 桂 歩三
後手番
先手:相手
後手:kame1223

第3図は3三の角を▲8八角成と引きつけられたところ。実際には△8九金や△7八銀打▲7九馬△6六角といった手でも後手勝ちのようですが、対局中は「金は渡せない」という判断から他の手が見えました。


実戦は第3図から△6六角!
▲7九馬を防ぎつつ、▲6六同馬には△8九金以下の詰みを見ています。場合によっては△2二角と竜を外す手もあり、これでも後手勝ちになっているようです。

【第4図は▲5五角まで】
後手の持駒:角 金
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉 ・v金 ・ ・ ・v歩 ・|二
|v歩v歩 歩v銀 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・v金 ・ 桂 ・v歩 歩 ・ ・|四
| ・ ・v歩 桂 角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・v歩 ・ ・v龍 ・ 歩|七
| 香 ・ 銀 銀 歩 ・ ・ ・ ・|八
| 玉 ・ ・ 歩 ・ ・v飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂二 歩三
後手番
先手:相手
後手:kame1223

第4図は6六の角を5五に出られたところで、後手玉は詰めろではないようですが次に▲7二歩成からかなり怖い格好になります。ここは△6四銀と外すのが最善で▲同角には△8八角から詰みがあるとのことですが、もちろんそこまで読み切るだけの終盤力は持っていません。第3図の将棋からまだ5日後だったこともあり、ここでもとっさに△6六角!とタダ捨てしました。▲6六同角と一手稼いで△6八歩成。最善手△6四銀の明快さには遠く及びませんが、一応この順でもリードは保てていたようです。以上、角捨て二連発でした。

4月になって季節は春、そして新年度に入りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。こちらのほうは気温が20度まで上がったかと思えば次の日には雪が降ったりと、季節感がよくわからない状況です。

個人的には4月に入って生活パターンが変わりました。ここ何年かは夕方~夜にかけて家にいないことが多いという感じだったので、夜7時に家でテレビを見ながらごはんを食べれるということのありがたみを噛みしめている今日この頃です。

で、夜に時間があるので24で指していたわけですが、驚異的なペースで点数を落としております。何か月か前にも短期間で150点くらい落としていましたが、今回は1週間足らずで200点ほど落ちました><
四段と五段の行ったり来たりまでは想定内でしたが、まさか三段まで落ちる日が来るとは夢にも思わず・・・。ただいま、三段。そしてさようなら、五段。

内容的には、負けた将棋の半分くらいはそもそも将棋になっていない感じで、あとの半分は優勢な将棋を勝ち切れなかったり、劣勢から追い上げたけど最後に競り合い負けしていたり。

【第1図は△3七銀まで】
後手:相手
後手の持駒:飛 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ 角 ・ ・ ・v玉 ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 歩v香|二
| ・ ・v桂 ・v金v歩 ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩 ・ ・ ・ 桂 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀v銀 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・v金 歩|六
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 ・vと ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:kame1223
先手の持駒:飛 角 金 銀 桂二 歩八 
手数=122  △3七銀  まで

第1図、△3七銀の王手に逃げ切れれば勝ちという状況です。正解は▲5七玉ではっきり足りないのですが、実戦は▲5八玉。△8八飛や△7八飛、△5七歩はいずれも大丈夫と考えていて、△3八飛とこちらから打たれるのをうっかりしていました。ダメな時ってのはこんなものです。


現時点ではトンネル脱出の糸口が掴めそうでまだ掴めていない状態でしょうか。ただ、数か月前にも同じような経験をしたおかげで、焦りはそれほどないのがせめてもの救い。前回もなんだかんだで五段まで戻せたから、今回もそのうち戻せるっしょ、と。とりあえず当面の目標は2200点(四段の中間地点)まで戻す、ということになりそうです・・・。

たまには将棋以外のことでも。


3月11日といえば、東日本大震災が起こった日。毎年、この時期にはテレビでも特集などが組まれています。
最近も「あの日から7年」のようなフレーズを見たり聞いたりする機会が多くなっていますが、個人的に思うのは「ああ、もう7年になるのか」ということ、そして「自分にとっての3.11とは何なのだろうか」という疑問もふと浮かんだりしていました。

7年前、となると遠く懐かしい学生時代になりますが、当時の記憶は比較的鮮明に残っています。内陸部にいたこともあり命の危険を感じるような状況にはならなかったのですが、それでもその後しばらくは非日常的な感覚から抜け出すことができませんでした。不安や心細さ、2日ぶりにちゃんとした食事をとれた時の美味しさ、そして当時参加していた24名人戦のことなど、今でもはっきり思い出せる状態ではあるので、今はもう7年経っているのか、と驚いているところです。


幸運にも心身に深いダメージを負うような状況にはならなかった、というのも原因の1つだと思いますが、年月が経つにつれて、震災のことを思い出す頻度は確実に減ってきています。1年が経つ頃には、時々強めの地震が起きた時にふっと思い出す程度に。今は、テレビの特集を見て「ああ、そういえばその時期か」と思い出す程度に。

今も大変な状況に置かれている方が大勢いるという現実を考えると、そんなことでいいのか、という思いも浮かんできますが、震災に対する関わりの深さや想いは人それぞれに違っているのもまた現実。それぞれの立場で震災を考え、震災に学ぶことが大切なのかな、と思っています。

自分にとっての3.11とは・・・と考えてみた結論は、「例え頻度は減っても震災のことを思い出し、祈りを捧げ、記憶を風化させない」ための日。そして同時に、「現在の日常があることへの感謝を忘れない」ための日でもあります。

狼の中で最近ちょっとしたブームになりつつあるのが、変則将棋の一つ「ついたて将棋」(ルールはWikipedia等を参照)。便利なことにネットでついたて将棋の対戦ができるサイトもあります。学生の頃に将棋部でついたて将棋を遊んだことは何度かあったのですが、今改めてやってみると奥深さに驚かされます。

続きを読む

明けましておめでとうございます、今年もどうぞ宜しくお願いします。年末年始は24で指しまくりのR点も落ちまくりでしたが、最近は反省して対局ペースもR点も落ち着きつつあります。変なスイッチが入ったのか先月だけで80局近くも指しており、これだけハイペースで指したのはいつぞやのリレー前の時期以来でしょうか。


さて、新年早々に小難しそうなタイトルにしましたが実際はただの雑感みたいなものです。

きっかけが何だったのかは忘れましたが、最近、端歩に関する価値観が1つ大きく変わりました。ちなみに以前の考え方は、

対抗型・・・玉側は何も考えずに突いておく。反対側はケースバイケースで、他に価値の高い手があれば省略するけど、▲9七角(△1三角)や▲9七桂(△1三桂)とできるメリットも案外無視できない。

相振り・・・端が弱点になりやすい美濃や穴熊の玉側は突かない。矢倉や金無双は端だけでは潰れにくいので突くのもアリ。相手の玉側は、中央で手が遅れる等の事情がなければ突いておきたい。

という感じでした(あくまでも一個人の考えです)。そして価値観の変わった部分というのが、対抗型の時の玉側、もう少し細かく言うと「対居飛車急戦における玉側の端歩」についてです。これまでは「何も考えずに突いておく」だったのが、「相手から突かれたら自分も突くけど、相手が突いてこなければ自分から突くことはしない」というものに変わったのです。
【第1図は▲5九角まで】
後手:相手
後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金v銀v玉v角 ・|二
|v歩v飛 ・ ・ ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・v銀v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 歩 桂 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 銀 歩 歩 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 ・ ・ 歩 歩 歩|七
| 香 ・ 飛 ・ ・ ・ 銀 玉 ・|八
| ・ ・ ・ ・ 角 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:kame1223
先手の持駒:なし
手数=57  ▲5九角  まで

後手番

端歩を突かないことが特に活きやすいのが第1図のような形です(居飛車側は棒銀、形は一部違うけどだいたい定跡形)。振り飛車側は左桂を6五まで跳ねていることが主張点ですが、この桂は質駒になっているという側面もあります。そして居飛車側に桂が渡ると、この戦型ではほぼ間違いなくとんでくるのが端攻め。

ところが第1図は1筋の突き合いがないので、居飛車側の切り札とも言える攻め筋を1つ消していることになるのです。稀に振り飛車側から端攻めをするケースもありますが、そもそも玉が端に近いのは振り飛車側だし、端攻めをする頻度も全く違うので、「相手から端攻めされない」ことの恩恵が大きいのは圧倒的に振り飛車側と言えるでしょう。もちろん、端を突かないことで玉が狭くなる、1五桂のような手が生じる、といったデメリットもありますが、それはお互い様。そう考えると、端の突き合いがないほうが振り飛車側にとって得なのではないか・・・と思えてきたわけです。

もちろん、居飛車側から△1四歩と突かれて受けずに△1五歩と伸ばされてしまうとデメリットが大きすぎるので(結局端攻めも生じてしまうし)、相手から突かれたら自分も突く、ということになります。


以前はプロ棋戦の携帯中継などで「この場合は端歩の突き合いは先手が得」のような解説を見ても「こまけぇこたぁいいんだよ!!(AA略)」状態でしたが、こうして突き詰めて考え始めるとなかなか深いテーマだな・・・と思うのでした。雑感おわり。

このページのトップヘ