狼将棋のブログ

亀井

藤井二冠誕生。棋聖戦の挑戦が決まった時は、実力的には互角だとしても経験値の差を考えると渡辺先生相手はさすがに厳しいだろうな、と思っていました。それが終わってみれば、渡辺先生が負け方がどれも想像を超えてるので、もうなんなんだろうね、という感じです。(ブログより引用)と、完全にお手上げ状態というような勝ち方。そしてその勢いのまま王位戦もストレートで奪取。聡太先生絡みではもう多少のことでは驚かないと思っていましたが、一気に二冠はさすがに驚かざるを得ませんでしたw来年にはサクッと最年少九段になってるんでしょうね。

来月から始まる王座戦は、久保先生が挑戦ということで振り飛車党大歓喜の展開です。挑決の渡辺先生戦は、去年の王将戦でのストレート負けのイメージもあって大変かなあと思いつつ見ていましたが、アーティストの面目躍如という勝ち方でした。

【第1図は△8四歩まで】
後手:久保利明九段
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v銀v玉 ・v金v飛 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩 ・v角v歩v歩|三
| ・v歩v歩v歩v銀 ・v歩 ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 銀 角 金 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:渡辺明二冠
先手の持駒:なし
手数=36  △8四歩  まで 

振り飛車もこういうことをやる時代なんですね。図から△6二金上とした形が、大橋貴洸先生が考案した「耀龍四間飛車」と呼ばれているんだとか。相振りで金無双にする分には抵抗がない自分ですが、対抗型でこれをやりたいかと言われると・・・名前はかっこいいんだけどなあ><
まあ自分でやることはないにしても、振り飛車側に選択肢が一つ増えるのは喜ばしいことと言えそうです。永瀬先生との番勝負でも登場するんでしょうか。

最近ちょっと下の世代の人と話したりする機会が増えて、必然的に「自分も歳とったなあ」と実感する機会も増えていたりします。今流行りのものなんかも、名前だけは聞いたことがあるけど中身は全く分からん、というものばかりです(鬼滅の刃とか)。

元々、色んなものに興味を持ったり手を出したりするタイプではないので、こうなるのも止む無しというところではあるのですが・・・。このまま一直線に「おじさん化」していくかもしれないという焦りもちょっとあって、少しだけ若者文化に触れてみようかな、と思ったりもしている今日この頃です。つい先日ローソンでチーズティーなるものを買って飲んでみたんですが、「不味くはないけど、別にチーズなくてもいいんじゃね?」という感想でした><

ちなみにタピオカミルクティーは数年前に一度だけ飲んでいて、やはり「不味くはないけど、別にタピオカ(ry」と思ったのでした。でも最近また飲んでみたら、ちょっと美味しいかもと思えたり。年齢を重ねていくのは避けられませんが、気持ちは少しでも若さを保ちたいものです。

この調子で将棋も今流行りの戦型に・・・と言いたいところですが、こっちはハードルがかなり高い模様。

「第二波」の懸念はありますが、徐々に以前の日常が戻ってきた感もありますね。県をまたいでの移動もしやすくなり、タイトル戦やスポーツなども再開され始めています。

自分は自粛要請があろうがなかろうが遠出はあまりしませんし、仕事もテレワークやらオンライン会議やらとは無縁の状況だったので、生活自体は以前とあまり変わっていなかったかもしれません。それでも外出する時はマスクをする、外食はほぼしない、というくらいの変化はありました。コンビニでも店員さんがみんなマスクをしていたり、レジにビニールカーテンが設置されたりしていて、社会全体が今までとは違う状況なんだなあとしみじみ思ったりしています。

アマの将棋大会も軒並み中止になっていた中で、24などを活用して色んな企画やミニ大会などが開催されています。中には自由に参加できるものもあってエントリーしようか迷っていたのですが、ちょうど先月の絶不調期と重なっていたので断念(今はちょい不調くらいまでは戻っているはず)。観戦していたら、昔お世話になっていた方を見かけてチャットで久々に話ができた、なんてこともあり、オンラインならではの便利さや恩恵もあっていいなと思ったのでした。

5月に入ってGW中は暇だし、毎日24で指すようにしようかな・・・と考えた結果、怒涛の10連敗。あれー?

去年も一昨年も、なぜか今くらいの時期に大型連敗しています。ただの偶然なのか何か原因があるのかは不明ですが、さすがに3年連続ともなると学習して、必要以上には凹まなくなりました。投げやりにはならず、一局一局を一生懸命に指していればそのうち戻るでしょう。


例年ならGW中に1回くらいは県内のプチ旅行(ドライブ)をするところでしたが、今年はさすがに市内から出ることはしませんでした。かわりにしていたのが「タイムトラベル」的なこと。ふとした拍子に、10年近く前に書き溜めていた文章をたまたま発見して、無駄に何回も読み返して当時を懐かしんでいたのでした。

このブログも何だかんだで6年以上になっていますし、かつて書いていた個人のブログも、wikiやまとめサイトも、どれも昔を思い出して懐かしむことができる「タイムカプセル」のような存在になっています。

・・・10年以上前にも同じようなことを書いていたんですね、自分。

全国に緊急事態宣言。ほんの数か月前までは、まさかここまでの状況になるとは思っていませんでした。
地元でも色んなお店などが休業になっていたり、比較的大きなスーパーに行っても人がほとんどいないような状態になっています。基本的には引きこもり体質なので影響は少ないと言えば少ないのですが、それでも時々は出歩いたりしたくもなるわけで、元がアウトドア派の方々はさらに辛かろうと思います。

そんなこんなで油断していると心が荒みそうな日々ですが、今年も変わらず綺麗に咲いている桜を見て少しだけ癒されたりもしています。綺麗な桜を見られること、24ではいつも通りに将棋を指せること、美味しいご飯を食べられること・・・こんな時だからこそ、小さな幸せや喜びを大切にしたいものです。

【第1図は▲7五香まで】
後手:亀
後手の持駒:角 歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ 龍 ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金 ・ ・v桂 ・v歩|三
| ・v歩 ・ ・v歩v角 ・ ・ ・|四
| 歩 ・ 香v歩 ・ ・v歩 ・ ・|五
| 銀 歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|七
| 玉 銀 金 金 ・v龍 ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:相手
先手の持駒:銀 
手数=83  ▲7五香  まで

後手番

24の将棋から、第1図は▲7五香と打たれた局面です。振り飛車勝勢で後はどう着地を決めるかというところですが、3手で盤石の態勢にする順を考えてみてください。





実戦は第1図以下△5三角打▲7三香成△同玉(第2図)


【第2図は△7三同玉まで】
後手:亀
後手の持駒:香 歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ 龍 ・v香|一
| ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v玉v金v角 ・v桂 ・v歩|三
| ・v歩 ・ ・v歩v角 ・ ・ ・|四
| 歩 ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|五
| 銀 歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|七
| 玉 銀 金 金 ・v龍 ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:相手
先手の持駒:銀 桂 
手数=86  △7三同玉  まで


ソフトは第1図から△8八角成と踏み込むのが最善と言っていますが、そんな度胸はないのでより安全な本譜を選びました。二枚の角のラインが絶品です。第2図からは▲1一竜に△4五桂(竜取り)▲1二竜△5七桂成と進み、最後は9一の香も使えての勝ち。久々に「全部捌けた」時の幸福感を味わえました。

このページのトップヘ