狼将棋のブログ

亀井

気付けばもう年末、本当に一年があっと言う間に感じます(もう十数年は連続で同じことを思っている気がしますが)。

今年は個人的には、良くも悪くも穏やかに過ぎていった一年だったと思います。大きく体調を崩すこともなく、健康に一年を過ごすことができたのは、今こうして振り返ってみると本当にありがたいことです。穏やかに過ごす中でも、いくつか新しいことに挑戦できたりした事もあったので、気持ちの老化をこれ以上進めないためにも新しいことに挑戦する気持ちは持ち続けたいと思います。

今年1つだけ心残りがあるとすれば、24のリレー将棋に出場できなかったことでしょうか。内輪でやったリレー将棋はもちろん楽しかったし、たまには出場しない年があってもいいじゃないかと思う一方で、やはりあの24リレー独特の緊張感と盛り上がりを味わいたいという気持ちがあったのも事実。半年後までじっくりと、モチベーションを高めていこうと思っています。

24のレーティングのほうは、「五段で安定」にはまだもう少しかかりそうかなという感触です。五段にいるのが平常で、四段に落ちるのは調子が悪い時だ、と自分の中で思えるくらいには自信が付きましたが、まだまだ五段と四段の往復運動は続いています。課題は技術面もありますがやはり精神面のほうも大きく、「一局ごとの勝敗に一喜一憂しないこと」、「勝負を急ぎ過ぎないこと」。来年もこのあたりが目標になります。


プロ棋界に目を向けると、こちらは激動の一年だったと言えそうですね。佐藤天彦新名人の誕生、最年少の藤井聡太新四段誕生、そしてソフト使用疑惑騒動・・・。三浦先生が白という調査結果が出て、いずれにしても後味の悪さは残りましたが、ひとまずは安心といったところでしょうか。今後も変わらずにプロ棋界を応援していくことが、ファンとしてできる唯一の事なのかなと思います。



今年も一年間たくさんの方々にお世話になり、ありがとうございました。皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

予告通り、実戦で現れた歩の手筋特集です。

実は「歩の手筋をまとめる」という趣旨のものを書くのはこれが3回目になります。1回目はまとめサイトの初・中級車向け将棋講座で。2回目は、かつて書いていた個人ブログの中で「歩で遊ぼう」シリーズとして書いていました。いずれも部分図を使った教科書的な内容が中心だったので、実戦の中では具体的にそれらの手筋をどのように組み合わせて使っているのかを紹介し、中級~上級あたりの方に参考にしていただければ・・・というのが今回の目論見です。

で、最近24で指した自分の将棋を見返しながら題材になりそうなものを探していたのですが、悲しいほど地味な題材しか集まりませんでした。ダンスの歩で華麗に相手陣を崩壊させるとか(安倍さんが最近実戦の中で決めたそうで、羨ましい限りです)、歩をバックさせる手筋(参考)でカッコ良く受けるとか、そういうものを1つでも紹介したいと思っていたのですが、現実はそう甘くありませんでした。

自分の実戦で現れた歩の手筋のラインナップは、攻めなら叩きの歩垂れ歩、 受けなら控えの歩相手の大駒の利きを止める歩、くらいで大半を占めていました。本当に地味ですが、逆に言うとこの4つを実戦で使いこなせるようになるだけでも十分、ということにもなります。


 続きを読む

特に何があったというわけでもないですが、最近は将棋に対するモチベーションが高めです。基本的に「指したい時に指して、気が乗らない時は指さない」スタンスですが、最近は時間があって疲れや眠気がない日にはだいたい1~2局指しています。点数のほうは相変わらず大きな変化はなし。

さて、たまには負けた将棋も取りあげようということで、負けたけど内容的にはまあまあ満足という一局です。タイトルの通り、香が主役だったという感じの将棋でした。



香が4枚とも活躍する将棋、というのもなかなか珍しいかもしれませんが、個人的には角桂の次くらいに好きな駒が香だったりします。穴熊への三段ロケット攻撃はもちろんですが、意外と守り駒としても活躍する機会が多いのが魅力です。相手の7九香が思わぬ形で活躍してしまったのが誤算でしたが・・・。

本局で一番悔いが残ったのは150手目△6五桂で、△9六銀の王手を先に決めるべきところでした。自分の悪い癖の一つが「(特に王手のような)形を決める手を嫌って、含みとして残しておきたがる」というもの。 △9六銀でもやれそうという感触はあったものの、広い方に逃がしている&4九の竜が守り駒として働いてきそう、というところで切り捨ててしまいました。ここは感覚で判断するよりもしっかり読みを入れなければいけませんね。

悪手を挙げればキリがないかもしれませんが、長手数の勝負を楽しめたり、全体的に自分らしい将棋が指せたところは満足しています。 

・・・毎回自戦記ばかりというのもあれなので、次回は「実戦で現れた歩の手筋特集」とかでも書けたらいいなと思っています。もう1つか2つくらいネタが集まれば投下する予定。 

月1回は何か書けたらいいなと思いつつ更新。定期的に書くならだいたい自戦記になりそうですが。

プロ棋界は大変な状況になっていますね。事実関係があまり分かりませんが、どう転んでも後味の悪さは残るので、いち将棋ファンとしては残念でなりません。

自分はというと特に変わりもなく、たまに24で指しては勝ったり負けたり。最近は中盤で簡単に悪くなってしまうことが多く、そこは何とかしたいところです。そんなわけで昨日指した一局。


47手目▲2四歩の手抜きが成立するかどうか微妙なところでしたが、結果的には咎めることができました。駒がぶつかってからは受けの手を一手も指さず、まさに攻め120%の一局。

自分にはきらりさんのような腕力の強さはありませんが、76手目△6六香~△5五歩のような小技を絡めたり、遊び駒を活用してじっくり力を溜めながら攻め倒すのが好みの展開です。棋譜コメントにも書きましたが、4三の銀を5四に上がっただけで一気に景色が変わったのが印象的でした。

本来は負けた将棋をとりあげてしっかり反省するのが将棋指しとしてのあるべき姿なのでしょうが、負けた将棋はさらっと振り返って終わり、勝った将棋はじっくり並べてニヤニヤするダメな子なので、基本的に自戦記は上手く指せた将棋がメインになると思います>< 

プロ棋界では史上最年少の藤井新四段誕生や郷田先生の二歩がちょっとしたニュースになっていますが、こちらは特別ネタらしいネタもないので自戦記でも書こうと思います。

最近は全くと言っていいほどウォーズで指さなくなってしまい、時間と心の余裕がある時に24で指している状態です(自分の得意なフィールドで勝負しろ、と年始にきらりさんも書かれていましたし)。

R点的には、早いところ「もう四段には落ちないぜ」ってドヤ顔したいのですがなかなか安定せず、四段と五段を行ったり来たり。ついこの前にも内容の悪い負けが続いて四段に落ちたのですが、名人戦振り返りで書いた「将棋に対して謙虚に」を思い出すと内容的にも結果的にも持ち直してきます。そんな中で指した、勝てば五段復帰の一局です。



序中盤は相変わらずな感じで、振り飛車党の基本中の基本とも言うべき「飛車の位置を柔軟に変える」(▲8八飛と振り直すことを考える)ができなかったのは大きな反省点でした。

駒がぶつかってからは、「7~9筋にある相手の駒は遊ばせるか負担にさせる」、そして「自分の駒は遊ばせない」というのが基本的な方針になりました。これを一貫できたのが逆転に繋がったと思います。 

精神的には、力戦形になったことでどんな将棋になるんだろうとワクワクしながら指すことができた、そして苦しくなっても「ここから粘ってやろうじゃないか」と思いながら指せた、それが大きかったかもしれません。気持ちに余裕があると、 81手目▲5六銀や101手目▲6五歩のような手渡しも平気で指せます。逆に負けが込むときは我慢が足りなくて暴発してしまうことが多いので、このあたりが調子を測るバロメーターになりそうです。

形勢が良い時も苦しい時も勝負を急がず、ゆっくりと盤上の駆け引きを楽しむ。それが自分にとって一つの理想的な形なのかなと思っています。 

このページのトップヘ