狼将棋のブログ

Shima

お久しぶりです。たまーに大生将棋生存報告という方で記事を書いています。
こちらでは以前矢倉の記事を書こうとしましたが、一瞬で流行が進んでしまいどうにもなりませんでした。
今回はその反省に則り自身の実戦を題材にします。
【図は△4五飛まで】
後手の持駒:金 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v銀v歩v金 ・ 馬 ・ ・ ・|三
| ・ 桂 ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・|四
| 歩 銀 歩 桂 ・v飛 ・ ・ ・|五
| ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 玉 歩|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・v圭 ・ ・|七
| ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀二 香 歩七 
手数=136  △4五飛  まで


相手が下駄を預けてきた局面。結論から言えば敵玉に詰みがあります。
難しい手はあまり無いのですが、20手を超えるためここから読み切るのは容易ではありません。
盤面で動かしながら詰み手順を考えてみてください。

正解は一週間ほど後に。
(2016/2/27追記 正解を続きに書きました)
 続きを読む

はじめまして、shimaといいます。
本来は大生将棋という狼将棋とはまた別のグループに所属しているのですが、
この度こちらのブログにも参加させていただきました。
何卒よろしくお願いします。

このページのトップヘ